« いよいよ明日(9/23)『もしも昨日が選べたら』公開! | トップページへ | 『ピンク・パンサー』プレゼントキャンペーン、まもなく締め切り! »

2006年9月26日
第19回東京国際映画祭、上映作品を一挙ご紹介!

いよいよ10月21日から開催される『第19回東京国際映画祭』。ここではソニー・ピクチャーズが現時点で上映を予定している作品を一挙ご紹介致します!

>特別招待作品
『世界最速のインディアン』
ニュージーランドの片田舎に、伝説のバイク"インディアン"を独力で改造、世界最速記録に挑み続ける男がいた。名優アンソニー・ホプキンスが永遠のバイク少年、バート・マンローの痛快な人生を体現。夢に向かって走り続けた男の生き様が、さわやかに、ファンキーにスクリーンを駆け抜ける!
世界最速のインディアン
『世界最速のインディアン』オフィシャルサイト

『あなたを忘れない』
2001年1月、JR新大久保駅で、酒に酔って線路に転落した日本人を助けようとして死亡した韓国人留学生 故・李秀賢(イ・スヒョン)さん。彼の峻烈な半生を描いた愛と感動の日韓合作。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

>animecs TIFF 2006
『パプリカ』
(animecs TIFF 2006 × digital TIFF 共同オープニング作品)
『パーフェクトブルー』『東京ゴッドファーザーズ』でその名を世界に知らしめたアニメ監督、今敏が文学界の巨匠、筒井康隆のSF小説『パプリカ』を映画化。今年度ヴェネチア国際映画祭 コンペティション部門出品作品。

『パプリカ』オフィシャルサイト

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

>東京国際シネシティフェスティバル2006
『007/カジノ・ロワイヤル』
ジェームズ・ボンドが、どのようにして007になったのか?そして、ボンドが愛した、運命の女とは?シリーズ21作目にして初めて明かされる、007誕生の物語。シネフェスオープニング作品。

『007/カジノ・ロワイヤル』オフィシャルサイト

『モンスター・ハウス』(吹替版)
ロバート・ゼメキス&スティーヴン・スピルバーグが贈る、アドベンチャー・ホラー・アニメ。石原さとみ、泉谷しげるが声優として登場!
モンスター・ハウス
『モンスター・ハウス』オフィシャルサイト

東京国際シネシティフェスティバルについて詳しくはこちら

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

>コリアン・シネマ・ウィーク
『ファミリー』
あくまで厳しく接することしかできない父と、厳格な父を疎ましく思う娘。だが父が白血病に侵され、死期が迫っていることを知った娘は…。今年で6年目を迎えるコリアン・シネマ・ウィーク。今回は“様々な家族の絆”をテーマに韓国の家族の姿が描かれている日本未公開の秀作韓国映画5作品を上映。
ファミリー
『ファミリー』オフィシャルサイト

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

>中国新鋭監督特集
『ミッシング・ガン』
「ココシリ」のルー・チュアン監督、衝撃のデビュー作。中国新鋭監督特集では、中国電影事業管理局(中国政府)との共催により、中国映画の新作10作品を上映します。

詳しくは、『第19回東京国際映画祭』オフィシャルウェブサイトでチェック!

Posted by a. MOVIE at 2006年9月26日 15:00