« 『ロード・オブ・ザ・リング』のSFXスタジオが壮大なスケールで描くファンタジー超大作! | トップページへ | 『バイオハザード』シリーズTV放送決定! »

2007年10月16日
小栗旬さん、山田優さん、マイク眞木さんアフレコ取材!


山田優さん、小栗旬さん、マイク眞木さん

「サーフズ・アップ」の日本語吹き替え版声優のメインキャストによるアフレコ風景取材が10月11日都内スタジオにて行われ、 小栗旬さん(コディ役)、山田優さん(ラニ役)、マイク眞木さん(ギーク役)の3人が揃ってアフレコの模様を披露してくださいました。 日本の著名人の中で、サーフィン好きな方や経験者を探し、その中から、ソニーのLA本社が指名してきたこちらの3名。 サーフィンの腕前だけでなく、声の腕前でハリウッドを認めさせた彼らによる吹替え版も大注目です!
実際のアフレコでは、1人ずつの収録でしたが、「1人でやってると寂しかったが、揃ってやってみたら、3人とも見えない糸で 繋がっていたんじゃないかというくらいうまくいきました。」と、息もぴったりでした。
詳しくは下記をクリック!

Q:本作「サーフズ・アップ」の感想をお聞かせください。
小栗:「サーフィンの良さが詰まっていて、映像にも臨場感あってとても面白い映画でした。」
山田:「波がとてもリアルで本当に海にいるみたいでした。お話も愛に溢れていて、
   気持ちが暖かくなる映画でした。 」
マイク:「演じたキャラクター(ギーク/ビッグZ)が、自分のそのものだったから、
    自分が映画に出演してるものと錯覚しました(笑)」

Q:初めて3人でアフレコをやってみた感想はいかがでしたか?
小栗:「とても楽しんでできました。できることなら、みんな一緒に収録したかったです。」
山田:「3人でやると映画の雰囲気が物凄く感じられて、楽しかったです。」
マイク:「1人でやってると寂しかったが、揃ってやってみたら、3人とも見えない糸で
    繋がっていたんじゃないかというくらいうまくいきました。」

Q:サーフィンの一番の魅力は何だと思いますか?
小栗:「自然の中でできるということと、体は疲れるけど、気分はリフレッシュできるところです。」
山田:「自然と一体化できるところだと思います。ちゃんとサーフィンをやりたいなと
    思いました。サーフィンをやっている男性はカッコイイと思います。」

Q:映画についてのメッセージをお願いいたします。
小栗:「自然と戯れて遊んだり、勝つことが全てじゃないという映画です。勿論、
   ペンギンが可愛いので小さいお子さんも楽しめる作品だと思います。」
山田:「心がホッとしたり、ウキウキできる映画で、暖かいお話なので、
   子供から大人まで楽しんでいただけると思います。」
マイク:「海で遊んでるんじゃないよ。海に遊んでもらってるんだよ!」

人気blogランキングへ
山田優さん、小栗旬、マイク眞木

Posted by a. MOVIE at 2007年10月16日 12:14