« 「レイン・フォール/雨の牙」製作発表記者会見レポート | トップページへ | 里田まいが東大で記念受験!?「ラスベガスをぶっつぶせ」試写会イベントレポート »

2008年5月23日
『ブルー・ブルー・ブルー』イケメン2人、来日インタビュー!

ラクラン・ブキャナン&カーク・ジェンキンス左からラクラン・ブキャナン
&カーク・ジェンキンス

青い空、青い海、青いヤツら。サーフィンでワールド・チャンピオンを目指す少年がチャンスに向かって羽ばたく姿を爽やかに描いたフレッシュ・ムービー『ブルー・ブルー・ブルー』のキャスト、ラクラン・ブキャナン&カーク・ジェンキンスがオーストラリアより来日中!作品の見所やブログに寄せられた質問を聞いてみました。
Q. 出演するにあたり、何か役づくりはしましたか?

ラクラン・ブキャナンラクラン:監督が撮影前にワークショップを開いてくれて、その中にキャラクターのBack Storyを考える、というアクティビティーがあり、「主人公にはこんな過去があるだろう」など、物語の背景について皆で話合ったことが大変助かりました。怒り表現するシーンの前は、腕立て伏せをしたり、叫び声コンテストをしたり気持ちを高めました(笑)
カーク:脚本を読んだ後は、頭を真っ白にして望みました。現場では撮影に身を任せた感じですね。
Q. 撮影時のエピソードなど教えてください。
ラクラン:実は、撮影は冬に行なわれたので、凍えそうでした。カメラマンさんに震えないで!と頼まれても、震え止らないくらい(笑)
カーク:サーファーとしては、撮影のためいままで行ったことのないビーチに行くことができたのでよかった。いい経験でした。
Q. お二人ともサーファーということですが、日本の波にも乗ってみたいですか?
ラクラン&カーク:もちろん!絶対!昨日、飛行機で到着する際、波が見えたのがすごくよかった。
今回はちょっと時間が無いけれど、またサーフィンのために日本に戻ってくるよ!
カーク・ジェンキンス
Q.日本のファンに一言お願いします!
ラクラン&カーク:オーストラリアの雰囲気やティーンの生活を本当にリアルに描けていると思う。是非観てください。そして、オーストラリアにサーフィンしに来てください!

実際にお会いした二人は映画のイメージ同様、好青年。元気で活発なラクランと、物腰柔らかで笑顔の優しいカークに会いに、是非映画館まで足をお運びください。

映画『ブルー・ブルー・ブルー』は、6月7日(土)シネセゾン渋谷ほか全国ロードショー!
オフィシャルサイトはこちら>>

Posted by a. MOVIE at 2008年5月23日 18:43