« キマグレンのミニライブ決定!6/7(土)は渋谷シネセゾンに集合! | トップページへ | 四川大地震義援金募金について »

2008年6月 4日
“こりん星”からゆうこりんも登場!チャウ・シンチー来日記者会見レポート

映画『ミラクル7号』に登場する地球外生命体"ミラクル7号"こと"ナナちゃん"が、現在、お台場の日本科学未来館にて絶賛開催中の「エイリアン展─モシモシ応答ネガイマス。」に展示されています。
この報を受けたチャウ・シンチー監督が「日本に現れているとは・・・これは会いに行かなければっ」と緊急来日!本日ついに展示会場にてナナちゃんとの再会&息子役のシュー・チャオと共に来日記者会見に登壇しました。
小倉優子さん、シュー・チャオ、チャウ・シンチー監督記者会見には、日本で最も有名なエイリアン!?こりん星のお姫様"ゆうこりん"こと小倉優子さんも登場。チャウ・シンチー監督に「ほんとにエイリアン?今日は宇宙船じゃなくて会場までワゴン車で来たって言ってたけど、変ですねぇ。」と厳しいツッコみを入れられながらも、「半分くらいエイリアンくらいです(笑)」とかわいさで切り返し会場を沸かせました。

作品についてのコメント:

Q. 初めての、SFであり、また家族愛を描いた作品を撮ったきっかけは?なにかインスピレーションは?
チャウ・シンチー:
この種のテーマ…家族愛・SF・人の情を扱った作品が、アジアでは少ないのです。私は曲者ですから(笑)、あまりやる人がいないと、自分でやってみたくなるのです。中国では、特に子供に観てもらいたいテーマの作品が少ないので、そういう作品を作りたいと思いました。いまでもはっきりと覚えていますが、『E.T.』を家族で観に行って、とても楽しくて、最後は感動してとても泣いて、いまでもとても印象深いです。『E.T.』は『ミラクル7号』を作るうえで、いろいろな影響を与えてくれました。

Q. 8月で11歳になるシューちゃんは、男の子役をオファーされてどうだった?
シュー・チャオ:
最初、男の子役だと聞いて、びっくりしました。現場に入って髪を切らなきゃいけなかったときは、長い髪で美人なのに・・・ってつらかったです。髪を短く切って始めのうちはとても不愉快でしたが、ところが撮影していくうちに、自分はカッコイイなと思うようになりました。いまは髪が伸びてきて、嬉しいです^^

シュー・チャオ、チャウ・シンチー監督実生活でも、シュー・チャオを養子に迎え親子となった2人。とっても愛らしいシュー・チャオに、シンチー監督もすっかり父親の目に。 シュー・チャオは10歳らしく、ナナちゃん(本作に登場するエイリアン)のぬいぐるみを無邪気に振り回す姿も見られました。

また、今回の記者会見冒頭には、中国四川省を襲った大地震について、チャウ・シンチー監督より日本のレスキュー隊や日本のみなさんへの感謝の気持ちが述べられ、会場には四川地震義援金を募る募金箱も設置されました。チャウ・シンチー監督は来日を一日ずらし、チャリティーイベントに参加。イベントでは地震をテーマにした映画を撮りたいとコメントしていたそうです。


アジア中で大ヒットを記録し、笑いと感動をもたらした本作。日本では、6月28日(土)より公開です。

映画『ミラクル7号』オフィシャルサイトはこちら>>

Posted by a. MOVIE at 2008年6月 4日 12:30