« 007/慰めの報酬の最新予告編がオフィシャルサイトにアップ! | トップページへ | エミー賞、『ダメージ』のグレン・クローズが、主演女優賞を獲得! »

2008年9月18日
『D-WARS ディー・ウォーズ』が第21回東京国際映画祭の特別招待作品に決定!

第21回東京国際映画祭ラインアップ発表記者会見
本日、第21回東京国際映画祭(2008年10月18日~26日開催)のラインアップ発表記者会見が開催され、ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント/ネオの共同配給による映画『D-WARS ディー・ウォーズ』が特別招待作品として上映されることが発表されました。

『D-WARS ディー・ウォーズ』は、韓国映画史上最大の全米公開(2,275スクリーン)、最高の製作費(35億円)を投下し、2007年度韓国観客動員No.1を獲得。ハリウッドが度肝を抜かれた史上空前のバトル・アクション超大作です。

本作の映画祭での上映は、10月20日(月)を予定しています。11月の公開より一足先に、東京国際映画祭でお楽しみください!
※スケジュールの詳細は、東京国際映画祭公式サイトでご確認下さい。

また、記者会見では、コンペティションに参加する『コトバのない冬』から渡部篤郎監督高岡早紀さん、特別招待作品『ブタがいた教室』から前田哲監督が登壇。質疑応答を実施しました。
第21回東京国際映画祭ラインアップ発表記者会見
左より、財団法人日本映像国際振興協会事務局長 福田慶治氏、第21回東京国際映画祭 チェアマン 依田 巽氏、渡部篤郎監督、高岡早紀さん、前田哲監督、財団法人日本映像国際振興協会理事長 高井英幸氏

今年度の東京国際映画祭は、"エコロジー"がテーマ。 その象徴として開幕日には六本木けやき坂通りに、回収されたペットボトルを再生して作る"グリーンカーペット"が登場。また、特集上映企画としてnatural TIFF supported by TOYOTAが新設され、映画を通じて「自然と人間の共存」を考える作品が特集されます。

映画『D-WARS ディー・ウォーズ』公式サイトはこちら>>
第21回東京国際映画祭公式サイトはこちら>>

Posted by a. MOVIE at 2008年9月18日 20:35