« 15年ぶりの来日!ロバート・ダウニーJR. 『アイアンマン』記者会見レポート | トップページへ | マッドハウス制作のマーベルキャラクターのアニメシリーズにソニー・ピクチャーズが参画! »

2008年9月 5日
『アイアンマン』ジャパン・プレミア~北京五輪の"世界最強のメダリスト"たちが"世界最強のCEO"とご対面!

9月4日、映画『アイアンマン』のジャパン・プレミアイベントが開催され、15年ぶりの来日を果たした主演のロバート・ダウニーJR.もファンの大歓声の渦の中、レッドカーペットに登場しました。

HALとロバート・ダウニーJR.レッドカーペットでは、世界初のロボットスーツ「HAL*」(写真左)が、ロバート・ダウニーJR.をお出迎え。HALが70kgもある酒樽を軽々と持ち上げ登場し、ロバート・ダウニーJR.と共に本作の大ヒットを祈願し、鏡割りを行ないました。ダウニーもHALに「着心地は?空は飛べるの?」など質問し、興味深々。アイアンマンの世界が現実のものになろうとしていることを実感し、とても興奮した様子でした。
*HAL(Hybrid Assistive Limb)とは、山海嘉之教授が開発した体に装着することによって身体機能を拡張したり、増幅したりすることが できる世界初のサイボーグ型ロボットです。

レッドカーペットに引き続き舞台挨拶が行なわれ、バックライトによってスクリーンに映し出された巨大なシルエットとなってロバート・ダウニーJR.が舞台に登場。 5000席の会場を埋め尽くすファンの皆さんにダウニーより「全米では4ヶ月前に公開され、世界中で大成功しています。この会場も、ほんと満員ですね・・・。今、とても謙虚な気持ちでいっぱいです。はじめは、スタジオは、この役を私にやらせたくない、と言っていましたし、大ヒットするかも不安でした。 しかし、スタッフと共に話合い、ストーリーの中に、自分たちの体験を盛り込んでいくことで、全ての人間の中にある英雄の部分を表現できるようにしました。 なので、みなさんにも共感してもらえるのだと思います。」と挨拶がありました。

さらに、【世界最強のCEO=アイアンマン】を迎え撃つべく、日本が世界に誇る【世界最強のメダリスト】たちも集結!競泳(100m,200m平泳ぎ)金メダリスト北島康介選手、柔道(66kg以下級)金メダリスト内柴正人選手、フェンシング(フルーレ個人)銀メダリスト太田雄貴選手、競泳(200mバタフライ)銅メダリスト松田丈史選手がスペシャルゲストとして登壇しました。
松田選手からは「今の水着は着るのが大変で、30分くらいかかるのですが、パワードスーツはどうでしたか?」という質問があがると、ダウニーからは「まぁ、まぁかな。でもトイレに行くのは大変だけどね(笑)。」と、ちょっとリアルなコメントも飛び出し、北島選手からは「金メダル級の大ヒットを願っています!」とダウニーへ熱いエールを届けてもらいました。

金銀銅のメダリストたちが、メダルを首にかける一方、ダウニーはしっかりとアイアンマンのポーズをとり、笑いを誘う場面も。ロバート・ダウニーJR.の、ユーモアを交えながら会場全体を惹きつける魅力は、『アイアンマン』のトニー・スターク社長そのもの! 熱い拍手に送られながら、会場を後にしました。

松田丈史選手、内柴正人選手、ロバート・ダウニーJR.北島康介選手、太田雄貴選手
左から松田丈史選手、内柴正人選手、ロバート・ダウニーJR.北島康介選手、太田雄貴選手
映画『アイアンマン』は9月27日(土)より、日劇3ほか全国ロードショー!です。
『アイアンマン』オフィシャルサイト>>

Posted by a. MOVIE at 2008年9月 5日 14:41