« 満員御礼!!!『バイオハザード ディジェネレーション』前夜祭 | トップページへ | ソニー・ピクチャーズが2waytraffic社と共同でテレビフォーマット事業展開を開始 »

2008年10月21日
杉本彩さん、シム・ヒョンレ監督が登壇!『D-WARS ディー・ウォーズ』舞台挨拶報告

シム・ヒョンレ監督と杉本彩さん
 杉本彩さん、シム・ヒョンレ監督

韓国映画史上最高額の35億円で製作、07年韓国動員数No.1、北米でも公開されNYタイムズ紙で高い評価を得た『D-WARS ディー・ウォーズ』が、11月29日の公開に先駆けて10月20日、第21回東京国際映画祭の特別招待作品され、舞台挨拶にはシム・ヒョンレ監督杉本彩さんが登壇しました。

監督はコメディアン出身でもあり北野武監督のような多才な経歴の持ち主。最先端のVFX技術によって描かれたモンスターについて「彼のトレーニングが大変でしたよ。」とジョークで応えるなど、会場からは笑いが絶えない舞台挨拶となりました。

シム・ヒョンレ監督と杉本彩さん杉本彩さんは、映画のイメージに合わせたグリーンのドレスで登場。本作に登場するモンスターにも負けないゴージャスな姿に監督も大感激し、歓迎の意味を込めてハグをしたかと思うとなかなか離れず、またまた会場がどっと沸きました。

杉本彩さんは、作品の感想について「監督のVFSへの想いがにじみ出てくる!」と語り、続編への出演機会があったら「セクシーな侵略者でお願いします。」と、ピッタリなイメージの役どころをリクエスト。監督からは、「映画を見終わったあと、みなさんに幸運が舞いこんで来ると思います。観て頂いたらきっとこの意味が分かるでしょう。」とのこと。
是非、劇場で確かめてみてください。

映画『D-WARS ディー・ウォーズ』は
11月29日(土)より 有楽町スバル座ほか全国ロードショー

ディー・ウォーズ
『D-WARS ディー・ウォーズ』公式サイトはこちら

Posted by a. MOVIE at 2008年10月21日 10:55