« 『キャデラック・レコード』好スタート!初日イベントにほしのあきさん! | トップページへ | デンゼル・ワシントンが9年ぶりの来日!~「サブウェイ123 激突」~ »

2009年8月19日
『宇宙(そら)へ。』公開記念イベント 宮迫博之、日本人8人目の宇宙飛行士に挑戦!

『宇宙(そら)へ。』公開記念イベント
『ディープ・ブルー』で"深海"の神秘を、『アース』で"地球"の奇跡を描いたドキュメンタリー映画の最高峰BBCワールドワイドがNASA設立50周年を記念して贈る "宇宙"という究極のフロンティアに命を懸けて立ち向かう人類の飽くなき挑戦、その夢、勇気と情熱を描く『宇宙(そら)へ。』8/21(金)の公開を記念して、8月18日(火)青山の草月ホールにて日本版ナレーションを担当する宮迫博之(雨上がり決死隊)主題歌「宇宙(そら)へ ~Reach for the sky~」を歌うゴスペラーズの初顔合わせ! が実現しました。

星空をイメージしたステージでは、ゴスペラーズの主題化の熱唱の後に、宮迫博之が宇宙服のレプリカを着て登場。 宇宙に行った7人の日本人宇宙飛行士に続く8人目の宇宙飛行士に挑戦し、宇宙からの中継で「宮迫です!」をやります! と宣言し、満場の観客を沸かせました。その後、ゴスペラーズとともに初めて宇宙食のパンを試食し、ふっくらとやわらかく、まるでできたてほやほやかと思うようなパンのおいしさに大感激。大絶賛で盛り上がりました。

宮迫博之:NASAや宇宙は遠い世界のことでひとごとだと思っていましたが、たくさんの犠牲や挫折を乗り越えて、さらに挑戦をし続けた人々のリアルな姿に感動しました。ナレーションでは、感情を出してはいけないのですが、ラストの方では感極まってしまうシーンがありました。人類が一歩を踏み出すためのドキュメンタリーなので、ぜひ観てください。

<ゴスペーラーズ>
村上:事実は本当にすごいと思って、僕もこの映画を観ていっぺんで宇宙に興味が沸きました。観た人はぜひ友達にも感想を伝えてほしいです。

安岡:壮大な宇宙にはせる夢は、ちっぽけな人間である我々の小さな思いから生まれるものだと思うので、そういう思いを込めて、この歌も作りました。

黒沢:難しいことはなく、エンターテインメントとして楽しく観ていただける作品です。

北山:油断すると号泣してしまうようなシーンもあります。宇宙の映画としてだけではなく、人間ドラマとして感動できる作品です。

酒井:僕は泣きました。何でも作れてしまう今の世の中で、この本物の映像を観てほしいです。

「宇宙へ。」公式サイトはこちら>>

映画『宇宙へ。』は
8月21日(金)TOHOシネマズ 六本木ヒルズほか全国ロードショー

IHIワンコインキャンペーン★公開初日の21日(金)と22日(土)の両日、全国どこの劇場でもどなたでもワンコイン(一律500円)で『宇宙(そら)へ。』をご鑑賞いただけます。


Posted by a. MOVIE at 2009年8月19日 20:00