« AXN、「ゴールデン・グローブ賞授賞式」の国内独占放送権を獲得 | トップページへ | 『ダメージ2』NHK衛星第2放送で9月より放送決定! »

2009年8月11日
マイケル・ジャクソンの映画『THIS IS IT』を、全世界で劇場公開

ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントとソニー・ミュージックエンタテインメントが伝説のエンタテイナー、マイケル・ジャクソンの最期のリハーサルとビハインド・シーンを映画化。
10月30日、デジタル・サウンドとハイ・ディフニション画質で公開。

8月10日(カルバーシティ、カリフォルニア発)/10月30日、世界はマイケル・ジャクソン最期のコンサートの最前席のチケットを手にすることになるでしょう。
米ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント(以下、米SPE)と米ソニー・ミュージックエンタテインメント(以下、米SME)が、マイケル・ジャクソンの『THIS IS IT』を劇場映画化し、公開することを決定致しました。

『THIS IS IT』はマイケル・ジャクソン財団(Estate of Michael Jackson)の完全協力を得て製作、クオリティの高いデジタル・サウンドとハイ・ディフィニション画像で収録された、ロンドンでの実施予定コンサート・ツアーのための、リハーサルとビハインド・シーンの映像を使用した劇場映画です。一部、3Dのシーンも含まれる本作は、マイケル・ジャクソンのキャリアのレトロスペクティブや彼の友人や仕事の関係者たちのインタビューから構成されています。

続きは、プレスリリースをご覧下さい。
Posted by a. MOVIE at 2009年8月11日 17:50