« 『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』動員200万人突破! | トップページへ | 映画「2012」全世界的、大ヒット!北米&インターナショナル初登場1位! »

2009年11月18日
『2012』ジャパンプレミア開催!2012年もしも世界が終わるなら・・・

残したいモノ大発表&タイムカプセルにメッセージ!
日本が残したいコメディアン 欽ちゃん 初登場!

『2012』ジャパンプレミア
2012年、12月21日 マヤの予言通り、世界は終わる――。
マヤ文明が予言した「2012年地球滅亡の日」を、あらゆる天変地異が世界を襲う大迫力の映像で描き出したディザスター映画『2012』。11月21日の日本公開に先立ち、11月17日(火)にジャパンプレミアを実施し、ジョン・キューザックアマンダ・ピートモーガン・リリー(子役)リアム・ジェームズ(子役)ハラルド・クローサー(製作)ローランド・エメリッヒ(監督)が来日しました。

イベントでは、「2012年、もしも世界が終わるなら、残したいモノ」各部門(映画・音楽・本・最後に一緒にいたい人)を 大発表。 そのプレゼンターとして萩本欽一さん、神田うのさん、上野由岐子さん、江原啓之さんが登場しました。

各プレゼンターのみなさんと、来日した本作スタッフ・キャストには、タイムカプセルにメッセージを入れていただきました。欽ちゃんは、大好きな日本のギャグをタイムカプセルに入れ、その内容に来日キャストたちからも笑いが起こっていました。

「2012年、もしも世界が終わるなら、残したいもの」各部門(映画・音楽・本・最後に一緒にいたい人)は、このような結果に!

 ▼映画部門: プレゼンター 萩本欽一さん
 1位「タイタニック」、2位「おくりびと」、3位「ショーシャンクの空に」

 ▼本部門: プレゼンター 神田うのさん
 1位「ハリー・ポッターシリーズ」、2位「聖書」、3位「ノルウェーの森」

 ▼音楽部門: プレゼンター 江原啓之さん
 1位「マイケル・ジャクソン」、2位「ビートルズ」、3位「クラシック」

 ▼一緒にいたい人部門: プレゼンター 上野由岐子さん
 1位:恋人、2位夫や妻、3位親

★TSUTAYAオンライン2012オリジナルWEBサイトで、「2012年、世界の終末が訪れるとき、あなたが残したいもの」というテーマでアンケートを実施。

タイムカプセルに入れる、プレゼンターの皆様、監督、キャストの皆様の「2012年12月21日を迎えた、大切な人へのメッセージ」をメッセージは・・・

 ▼神田うのさん
 ダーリン=夫に書きました。
 結婚して5年が経ったけれど、今の方がお互いを理解しているかな?
 もっと好きでいるかな?夫婦として成長しましたね。これからもよろしく。

 ▼江原啓之さん
 私を育んでくれた地球、全ての人々、愛する家族へ。
 この地球に抱かれて、多くの人に育んでいただき、そして愛する家族と出会えて
 私は幸せでした。日頃口にはだせずにいましたが、大切な言葉を皆さんに
 言い忘れています。それはありがとう。すべてにありがとう。

 ▼上野由岐子さん
 両親へ。
 お父さん、お母さん、私を生んでくれてありがとう。そして私をソフトボールに
 出会わせてくれたみなさんに感謝します。

 ▼ローランド・エメリッヒ監督
 マヤ暦によると、2012年に世界が終末を迎えます。
 この映画ではかなり破滅を描いています が、そういうとき、家族は一つに
 なれるのだということも描いています。カーティス一家が今日ここに集まって
 いるのは、とても感慨深い思いです。私はよく冗談を言っている甥の
 フェイバーに、君と一緒に居たいよ、というメッセージを残したいです。

 ▼ハラルド・クローサー(脚本、製作、作曲)
 脚本を書くとき、どうしても家族のことをいれこんでしまうのですが、
 息子イアンと娘テレサに。どこにいようと、何があろうと、僕の愛は
 君たちのものだよ、と伝えたいです。

 ▼アマンダ・ピート 
 私は家族ではなくオバマ大統領に(笑)。
 4年間ありがとう。もう少しいて頂きたいです。私たちにはあなたが必要です。

 ▼リアム・ジェームズ
 家族へ
 素晴らしい家族に出会えて、僕の人生はとっても有意義なものになりました。
 みんな大好きです。

 ▼モーガン・リリー
 私も家族のみんなに
 私の家族はすごい。いつも私を応援してくれるから。
 今楽しみながら、これからしっかり返していきたいです。
 彼らなしには生きていけません。感謝しています。ありがとう。

 ▼ジョン・キューザック
 まだ映画を撮ったことが抜け切れていないので・・・
 本作を撮り終えたときは「お母さんやったよ!と思いましたが
 今度はおばあちゃん、やったよ!」と伝えたいですね。

 ▼萩本欽一さん
 私は大好きなギャグをひとつ。母と子の会話です。
 子供が「毎日お弁当が梅ぼしだけじゃないか」というとお母さんが
 「梅干の置く位置は毎日変えてるわよ、と。・・・
 あ、外国の方々にもウケてますね!

客席の皆さんと一緒に1・2・3の掛け声をし、メッセージをタイムマシンへ。

あいにくの雨模様にも関わらず、約800人の観客に見守られ、イベントは終了。最後にローランド・エメリッヒ監督からは「来てくれて、支えてくれてありがとう。 I LOVE YOU!!」と熱いメッセージが送られました。


Posted by a. MOVIE at 2009年11月18日 10:43