« ソニー・ピクチャーズ ストア初コラボ&初限定商品! 『ジュリー&ジュリア』発売記念特別企画DVDコラボ・セット5月7日(金)発売決定!! | トップページへ | 『ベスト・キッド』 特別試写会にご招待! »

2010年4月29日
"make.believe"日本導入に際し、「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」のオルテガ監督が来日

「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」ケニー・オルテガ監督来日

ソニーはソニーグループ統一のブランドメッセージ"make.believe"(メイク・ドット・ビリーブ)をお客さまに体感していただくために、"make.believe"好奇心活性化プロジェクト(※1)を3月より日本国内で展開しています。そのプロジェクトの一部である「dot lab(ドット・ラボ)」(※2)のキックオフイベントへ参加するため、ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントの映画「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」のケニー・オルテガ監督が来日しました。イベントは、銀座 ソニービルのコミュニケーションゾーンOPUS(オーパス)で開催され、「dot lab」に参加する学生や報道関係者など約120人の他、ソニー会長 兼 社長 CEOのストリンガーさんも参加しました。

ストリンガーさんは「我々は大人になるにつれ、好奇心や創造力を忘れてしまいがちだが、ソニーはハードウェア、サービス、コンテンツなどを通して、人々の中に眠る好奇心を目覚めさせ、刺激していきたいと願っている。さまざまな国を訪れたが、日本には多様な才能を持つ若者がたくさんいる。皆さんの好奇心を解き放ち、夢を実現し、このすばらしい国を活気付けてほしい」と集まった若者に語りました。

オルテガ氏は「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」の制作背景などを中心に、作品制作にかける情熱や探究心、および「好奇心」について語り、「マイケルはいつまでも少年のような好奇心を持っていて、何事にも本気で高い意識を持って取り組んでいた。そんな彼だからこそ、作詞作曲、ダンス、映像などすべてにおいて世界を驚かすことができたのだろう。ここにいる皆さんも、好奇心を持って自分を信じて取り組めばできないことはない」と若者にエールを贈りました。トークセッションの模様は"make.believe"公式サイトにて視聴可能です。

「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」ケニー・オルテガ監督来日

※1 "make.believe" 好奇心活性化プロジェクトの詳細については、"make.believe" 公式サイトをご覧ください: http://www.sony.co.jp/mb/

※2 「dot lab(ドット・ラボ)」は、クリエイターたちが講師となり、モノ創りを通して若者の好奇心を触発するワークショップ

Posted by e. ソニー・ピクチャーズ at 2010年4月29日 10:00