« 豪華プレゼントをゲットしよう!2010 FIFAワールドカップ南アフリカ 開催記念 『S-THE STORIES-』「出場32カ国マッチング心理テスト」 | トップページへ | 『噂のモーガン夫妻』予告編クイズに答えてオリジナル・Tシャツを当てよう! »

2010年6月 8日
ソニーグループの音楽・映画・ゲームなど、様々なコンテンツが結集!「dot park(ドット・パーク)」に参画!

『バイオハザードⅣ アフターライフ』ポール・アンダーソン監督
『S -THE STORIES-』名波浩さん、石田純一さん、松谷卓さん
『BBC EARTH グレート・ネイチャー』ニール・ナイチンゲールさん、MISIAさん
  続々登場!!

"make.believe" 好奇心活性化プロジェクト
    ソニーグループの音楽・映画・ゲームなど、
                 様々なコンテンツが結集

最新の3D技術も活用した、好奇心を刺激する共創イベント
    「dot park(ドット・パーク)」を開催!

「dot park」東京・六本木ヒルズ アリーナにて5月21日(金)~25日(火)の5日間にわたって開催された"make.believe"好奇心活性化プロジェクトに基づくイベント 「dot park (ドット・パーク)」* 。SPEJもこのイベントに参画し、劇場公開作品やパッケージ販売作品、テレビ放映作品のプロモーションを行いました!

*"make.believe" 好奇心活性化プロジェクトとは、ソニーグループのブランドメッセージである"make.believe" をベースにし、 "好奇心(believe)"を生み出していくために展開される様々な活動を指します。 その一環として開催される 「dot park」は、東京・六本木ヒルズ アリーナに、ソニーグループの映画・音楽・ゲームコンテンツや最新の3D技術を結集させ、多様なアーティストがライブ・インスタレーション・各種作品を通して人々の好奇心を刺激する共創イベントです。

● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●

3D映画『バイオハザードⅣ アフターライフ』 ポール・アンダーソン監督来日!
  3D映画制作の魅力を語るトークセッション

「dot park」『バイオハザードⅣ アフターライフ』『バイオハザードⅣ アフターライフ』(以下『バイオⅣ』)の監督、ポール・アンダーソン氏が来日、「dot park」開催初日の5月21日(金)に最新3D技術を駆使したシリーズ最新作の魅力について語るトークイベントを開催しました!

『バイオⅣ』は、大ヒットを続ける人気ゲームを基に、ミラ・ジョヴォヴィッチ主演の映画もシリーズ化されて大ヒットを記録。4作目となる最新作では、遂に待望のフル3Dが実現します! 更に進化を遂げたアクションも見所となる本作は、9月10日(金)より丸の内ピカデリーほか全世界同時公開です!!

「dot park」『バイオハザードⅣ アフターライフ』アンダーソン監督来日は6度目、東京が大好きだというアンダーソン監督。「数年前にジェームズ・キャメロン監督に『アバター』の内容を見せてもらい、『バイオⅣ』も初めから3Dで制作することに決め、キャメロン監督と同じソニーのカメラを使って撮影しました。作品の冒頭1/3は東京で撮影しています。3Dで観る東京の街は、とても素敵です。特にゾンビが徘徊するとね!(笑)」という監督のコメントに、お客様からは笑顔が。

世界初公開となる3Dフッテージ映像が流れると、会場の雰囲気は一変。そのスタイリッシュな映像と迫力のアクションの連続に、大きな拍手がおきました。
「これはほんの一部。3作目は生々しいイメージでしたが、本作は3Dと相性のいいエレガントな映像にしました。3D革命は、無声映画に音が付いた、白黒からカラーになったくらい、劇的な変化。この時代に監督という仕事が出来て幸せですし、3D技術の革新に全力を尽くしていきたいです」。

「3Dは家庭のテレビやゲーム、スポーツ観戦などにも革命を起こすでしょう。ソニーはその動きを推進していってくれると思います。ソニーは撮影用のカメラから、映画製作、上映機器の製造までしている、とてもユニークな企業。クリエイティビティと技術を同時に推進できる、唯一の企業ですね」。

「dot park」『バイオハザードⅣ アフターライフ』ミラ・ジョヴォヴィッチ主演女優であり、監督の奥様でもあるミラさんからも「『バイオハザード』のゲームが大好きで、弟と夢中になって遊んだわ。好奇心とカメラとパソコンがあれば、誰でもスターになれる時代。表現できるということは、素晴らしいわ」というメッセージが。

アンダーソン監督は、エンターテインメント業界など全く関わり無いイギリスの小さな工業都市で、映画監督を夢見て5~6歳の頃から脚本を書いていたそう。「重要なことは一貫してブレないこと、そして夢の実現に努力すること。拒絶されることも多いけれど、その後に成功が待っています。成功は、90%の創造力と10%のインスピレーション、そして多大な努力が必要なのです」と、お客様にメッセージを送りました。

● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●

「S -THE STORIES-」名波浩×石田純一 トークショー + 松谷卓Live
   元サッカー日本代表の名波浩氏と石田純一氏によるサッカートーク!

「dot park」『S -THE STORIES-』前田アナSPEJがソニー(株)と共に制作、テレビ朝日で放映3年目に入った5分枠のサッカー番組『S -THE STORIES-』テレビ朝日にて毎週土曜日 よる11時54分放送(関東地区)/BS朝日にて毎週月曜日 よる11時25分放送)。FIFA(国際サッカー連盟)の全面協力により、インタビュー、コメントなどの権利はすべて番組が保有し、SPEJが全世界に配給するオリジナルのテレビ番組です。

『バイオⅣ』と同じく5月21日(金)、元日本代表でフリーキックの名手である名波浩さんと、芸能界きってのサッカー好きとして知られるタレントの石田純一さん、同番組のオープニング曲を手掛け、サッカーの名門・藤枝東高校出身でもある松谷卓さんが来場。名波さんが出演した『S -THE STORIES-』の3Dスペシャルバージョンを会場で初上映。フリーキックの魅力や2010 FIFA ワールドカップ 南アフリカ大会(以下WC南ア大会)への期待や予想、また使用される公式球ジャブラニの特性など、ここでしか見られない3D映像を交え生のトークを展開しました!

「dot park」『S -THE STORIES-』3D映像テレビ朝日アナウンサーの前田有紀さんの司会で、イベント開始。前週に放送された、『第117話 Fから始まる物語 「勝負を決めるフリーキック」(FREE KICK) 』の3Dスペシャルバージョンが会場に流れると、画面から飛び出してくる名波さんのフリーキックに、お客様は「おぉっ」と思わずよけるしぐさ。

初めてサッカーを3D映像で見た石田さんは、「本物を観ているみたいですね!」と興奮を隠せない様子。
「ボール自体もとても進化していて、"無回転""落ちる""曲げる"など豊富な球種を蹴ることができる。それが良く分かる3Dで観られたら、素晴らしい観戦になりますよね!」(名波さん)、「研究や分析の仕方も変わってきますよね」(松谷さん)、「サッカーは個人技も面白いので、0-0の試合でも見所満載!ますます観る楽しさが広がっていきますね」(石田さん)。

WC南ア大会については...「日本代表は組織力が機能すれば、決勝トーナメントも夢じゃない」(名波さん)。「パブリックビューイングなどで、みんなでこうして応援して盛り上がりたいですね!」(松谷さん)。「世界最高のプレーヤーやチームが集まっていて、サッカーファンもそうでない人も楽しめると思います。サッカーは夢でもあり、生活でもある。その熱狂度は"サッカーは文化"ですね!」(石田さん)。

「dot park」『S -THE STORIES-』W杯優勝国終盤にはプレゼントの抽選会も行われ、最後を締めくくったのは松谷さんのライブ。会場は大スクリーンに映し出される3D映像と呼応するようなエモーショナルな演奏に包まれ、盛りだくさんのイベントは幕を閉じました。
(写真)WC南ア大会の優勝国予想。(左から)石田さん「スペイン」、松谷さん「スペイン」、名波さん「ブラジル」。

● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●

「地球のこと、もっと考えよう」
 COP10名誉大使であるMISIAと、
 BBCの自然番組を統合するブランド「BBC EARTH」のクリエイティブ・ディレクター
   ニール・ナイチンゲール氏による地球をテーマにしたスペシャルイベント

dp_bbc_screen.jpg『ディープ・ブルー』『アース』を生み出したドキュメンタリーの最高峰BBC が、最新HD カメラで地球の真実の姿を捉えたネイチャー・ドキュメンタリー『BBC EARTH グレート・ネイチャー』が、6月4日(金)にブルーレイ&DVD でリリースされます。

10月に生物多様性条約第10回締約国会議(以下COP10)が名古屋で開かれるなど、日本国内で"地球環境"を見直す動きが盛り上がる中、国際生物多様性の日となる5月22日(土)に、『BBC EARTH グレート・ネイチャー』のブルーレイ特別先行上映会(episode1)が開催されました。
イベント登壇者に、世界最高峰のドキュメンタリー集団BBC のクリエイティブ・ディレクターのニール・ナイチンゲール氏と、国連よりCOP10名誉大使に任命されたアーティストのMISIAさんを迎え、「地球のこと、もっと考えよう」と題し、地球をテーマにしたスペシャルトークショーや、MISIAさんによるスペシャルLIVE も行われ、会場は大いに盛り上がりました。

(先行上映が終わって)「本当に素敵でした。ここに居る我々が、遠くにいる生き物を知ることができる事が、生物多様性を知る意味でも大きな意味があり、素敵な事」(MISIAさん)。
「自然がどれだけ大切か我々の映像が役に立つ。人と自然との共存をこの映像を通して感じて欲しい。そして自然の素晴しさからインスピレーションを受け、より自然を大切にしてほしい。撮影中に出会ったゴールデンフロッグという爬虫類は、5年間で絶滅してしまった。そういう絶滅していく動物もある中、絶滅危惧種を守ろうとする動き、増やそうとする動きも撮影している」(ニール氏)。
「音は自然から来ていると思う瞬間がある。凄く学ぶ事があり、カルチャーも自然から来ていると思う事がある。今日をきっかけに少しずつ自然を感じてください。そして生物多様性を感じて欲しい。心で感じて自分の大切にしたいことを見つめ直し、よりみんなが幸せになればと思います」(MISIAさん)。

Posted by e. ソニー・ピクチャーズ at 2010年6月 8日 12:48