« 『世界侵略:ロサンゼルス決戦』 エイリアンの侵略に立ち向かう海兵隊員たちの活躍を描くSFアクション大作! | トップページへ | 映画『ソーシャル・ネットワーク』 ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞を受賞! »

2010年12月 3日
もしも、人生最悪の日が"幸せの始まり"だったとしたら・・・・?『幸せの始まりは』 2011年2月11日(金)公開!


shiawase
ソフトボールのUS代表チームから突然、戦力外通告を受けた31歳体育会系女子リサ。ヒットは打てても、普通の幸せが分からない―――。

shiawase二十代の情熱すべてをプロソフトボール選手としてチームに賭けてきたリサ(リース・ウィザースプーン)だったが、ついに31歳になった彼女に非情にもクビ切り宣言が下される。ボーイフレンドのメジャー・リーガー、マニー(オーウェン・ウィルソン)は能天気なプレイボーイ。本当に愛しているかどうかは分からないけど、成り行きで彼のセレブマンションに一緒に住んでいる。いつもファンに囲まれているマニーや、自分なしでも活躍しているチームを見て、自分だけが世界から置いてきぼりになった気分。そもそもチームが人生のすべてだった自分から、ソフトボールを取ったら何が残るの? いまさら人並みの女性の幸せを追うこともできやしない・・・。そんな気持ちを誰にも言えずさらに落ち込むリサ。気分を変えるべく、思い切ってブラインドデートに挑戦してみるものの、相手のジョージ(ポール・ラッド)はヤンエグという触れ込みとはぜんぜん違う何やらピントのずれた暗いオトコ。実は、ジョージは父(ジャック・ニコルソン)とともに貿易会社を経営していたが、経営管理に政府のメスが入りキャリアのピンチに立たされていたのだった。人生のサイアクなときに出会ったサイアクの男だったが、いままで体育会系の男としか付き合っていなかったリサは、ジョージの繊細なやさしさになにやら心の休まる自分を感じていた・・・。
 果たして人生の行き止まりにぶち当たったリサは、本当の目的地を見つけられるのか―――。

『恋愛小説家』のアカデミー賞監督が、アカデミー賞女優を主演に迎えバレンタインに貴女に贈る!恋する元気をもらえるちょっぴり切ないラブ・ストーリーshiawase

 主演のリサには『メラニーが行く!』『キューティ・ブロンド』で女性の共感を得、『ウォーク・ザ・ライン/君につづく道』ではアカデミー賞主演女優賞を獲得し演技の実力も証明したリース・ウィザースプーン。三十路に入り、今までがむしゃらに突き進んできた道を閉ざされ迷うナイーブなヒロインの姿を生き生きと演じている。彼女を囲む二人の男性には『マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと』のオーウェン・ウィルソンと『ナイト・ミュージアム』のポール・ラッド。この三人の三角関係を見守るジョージの父に『恋愛小説家』『カッコーの巣の上で』で2度のアカデミー賞主演男優賞に輝く名優ジャック・ニコルソン。監督は『愛と追憶の日々』でアカデミー賞監督賞を受賞した『恋愛小説家』『ブロードキャスト・ニュース』など可笑しくも切ないロマンティック・ストーリーの名手ジェームズ・L・ブルックス。
 豪華実力派スタッフ・キャストによる素敵なラブ・ストーリーで、この冬、あなたのこころをほんわりと暖かくしてください。

『幸せの始まりは』公式サイト>>
2011年2月11日(金)より、TOHOシネマズ日劇他全国ロードショー!

Posted by a. MOVIE at 2010年12月 3日 10:46