« 『バーレスク』来日記者会見レポート 全文紹介! | トップページへ | 「エコプロダクツ2010」に、ソニー・ピクチャーズが映画会社として初の出展 »

2010年12月10日
『バーレスク』ジャパン・プレミア レポート!


 「公開日が私の誕生日。日本のみんなー今日はドウモアリガトウゴザイマス!アイラブユー!」 
arena
12月7日(火)、映画『バーレスク』(12月18日(土)より全国公開)のジャパンプレミアが六本木ヒルズアリーナで行われました。アリーナのステージにはまず日本のタレントたちが登場。ゴージャスな叶姉妹を先頭に、夏川純さん、IMALUさん、谷村奈南さんがアギレラへのメッセージやこれから見る『バーレスク』への期待を語りました。
kanosistersnatsukawa
imalutanimura
そして、いよいよクリスティーナ・アギレラと、映画の中ではアギレラの役アリのライバル ニッキを演じたクリスティン・ベル、アリの良き理解者ジャックを演じたカム・ジガンデー、そして監督のスティーブン・アンティンが、レッドカーペットに集まった1000人のファンの前に登場。六本木ヒルズアリーナはアギレラ会いたさのファンの熱気で冬の寒さを吹き飛ばす勢いで盛り上がりました。
photocall
この日のアギレラは濃紺のドルチェ&ガッバーナのセクシーなロングドレス。報道陣の取材を受けつつも、集まったファンの気持に応えようと熱心にサインしていました。
stevenスティーブン・アンティン監督は、作品の見どころは?という質問に「作品のすべてが見どころ。出演者1人1人が素敵に演じてくれたよ。観客の皆さんには映画を観て、ただエンジョイしてほしい。」また残念ながら来日がかなわなかったシェールについて「彼女は撮影中多くのインスピレーションを与えてくれ、各シーンのレベルを上げてくれたんだ。」
aguilera
クリスティーナ・アギレラはいくつかの印象的なシーンについて「私が初めてお客さんの前で歌うシーンは、実体験が生かされていて、作品のターニングポイントになっているの。一番好きなシーンは、シェールの役のテスが私にメイクをしてくれて、二人の絆が深まるところかな。」
kristen
真っ赤なミニのドレスがとてもキュートなクリスティン・ベルは「日本が大好きで帰りたくないくらい。」と来日の感想を語り、撮影全体を振り返って「作品の見どころはクリスティーナ・アギレラのすばらしい才能につきます!今振り返ると、この映画の体験はまるで夢のようだったわ。全員が楽しんで撮影した作品なのでぜひ楽しんでください。」
cam
アギレラ演じるアリと親密になっていくおいしい役どころのカム・ジガンデーは「今回はクリスティーナ・アギレラが女優になっていくのを目の当たりにする貴重な経験ができました。二人がアパートで過ごすシーンの撮影現場では、彼女の素顔の部分を垣間見ることができてラッキーだったね。」
stage
また、日本での映画公開日がアギレラの誕生日にあたることから、ステージでは特製の誕生日ケーキが1000人の'Happy birthday to you~'の歌声と共に、サプライズで用意されました。この突然のファンからの贈り物にアギレラは、「ありがとう!本当に本当にありがとう!日本での公開日が私の誕生日で、そして今、みんなに祝ってもらえてとてもうれしいわ。3歳から6歳まで日本に住んでいたので、戻って来れてうれしい。みんなの愛情をすごく感じてます。日本のみんな、今日はドウモアリガトウゴザイマス!アイラブユー!」と感極まった様子で笑顔をふりまきました。
birthday
アギレラの魅力全開の爽快な感動作『バーレスク」』に、どうぞご期待下さい。

バーレスク12月18日(土)より丸の内ルーブル他全国ロードショー

Posted by a. MOVIE at 2010年12月10日 12:25