« ジョニー・デップ来日!『ツーリスト』記者会見 | トップページへ | 東日本大震災の被災地・被災者へお見舞い申し上げます »

2011年3月 7日
ジョニー・デップを迎え『ツーリスト』ジャパンプレミア開催!


記者会見と同日の3月3日(木)夕方、映画『ツーリスト』(現在絶賛公開中)のジャパンプレミアのレッドカーペットイベントが、六本木ヒルズアリーナで開催され、約1000人のジョニー・デップのファンが会場一帯を埋め尽くしました。レッドカーペットにジョニーが登場すると、一斉に大歓声があがり、熱気は最高潮に!ジョニーはフロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク監督ともども、約1時間のファンサービスを行い、きさくにサインに応じたり、話したりとファンを喜ばせました。

ツーリスト

ステージにはゴンドラと街灯が配置され、『ツーリスト』の舞台であるヴェネチアの風景を再現。レッドカーペットでのファンサービスを終えた監督とジョニーが再びこのステージに登場し、会場に集まった人々から抽選で選ばれた4名の女性にジョニー・デップが'ひなあられ'をプレゼントするというサプライズが行われました。ジョニーが一人一人に'ひなあられ'を手渡しし、ハグをしたところ、感激のあまり泣き出す人も!ファン思いのジョニーらしい、あたたかいレッドカーペットイベントになりました。
ツーリスト

司会:寒くないですか?
監督:みなさんの熱気で暖まってます。
司会:そうですね! それでは、まずご挨拶をお願いします。
監督:すばらしい体験をさせてもらって、とても感謝しています。先ほど、ジョニーとテント内で話していたのだけど、日本は文化を重んじ文明的な時間が流れている国だと思います。みなさん、映画が大好きで、特にジョニー・デップがでている映画を愛している国ですね。ありがとう!
ジョニー:今日はありがとう!寒い中、何時間も待ってくれて、皆さんのサポートを感じています。日本は世界で最高の場所といつも思っているよ。

司会:映画の中で好きなシーンは?
監督:『ツーリスト』はいろんな要素を入れ込んだ映画です。大好きなヴェネチアを舞台に、大好きなジョニーとアンジェリーナがでています。
この映画には、ロマンスもサスペンスもあります。特に好きなのは、この二人のロマンスが生まれるシーン。ジョニーとアンジェリーナのキスシーンが一番好きです(笑)。
ジョニーはアドリブが多くて、こんなことがありました。ある時、彼はイタリア語の「ハロー」こと「ボンジョルノ」を「ボン・ジョヴィ!」と言ったんだ。ジョニーのそういうところが大好きです。
ジョニー:映画の中にはたくさん、好きなシーンもあるし、また、撮影しててもすごく楽しかったんだ。ひとつだけ選ぶとしたら、初めて二人が列車で出会うシーンかな。このシーンには、奥深いいろいろな駆け引きがあって好きなんだ。
ツーリスト

司会:来日できなかったアンジェリーナ・ジョリーについての印象は?
監督:アンジェリーナは日本に来たがってたんだけど、彼女は現在、アフガニスタンに行ってます。一緒に来日できなくて、とても残念がってたよ。
彼女の美しさを語ると、、、ホテルの船着き場でアンジェリーナがボートを降りるシーンを撮影していると、観光客を乗せた一台のボートが通りかかったんだ。いつもは騒がしくカメラをパチパチさせている観光客たちなのに、このシーンを目撃した彼らは、一瞬、信じられないものを見たという風に「しぃーん」と静まってしまった。それぐらい、彼女はハッとする美しさをもっているよ。
ジョニー:今回が初共演で初めて会うまで、どんな人だか知らなかったんだ。常に彼女とブラッドは注目の的で、こういう場合、すごく自己中になるか、すごく内向的になる人が多いのだけど、彼らは明らかに他と違っていたんだ。地に足がついた考えをもち、いいお母さんとお父さんなんだ。ここに一番、驚いたよ。

司会:最後に一言
ジョニー:また、日本に戻ってくるよ!

ツーリスト

ツーリスト』 絶賛公開中! 

Posted by a. MOVIE at 2011年3月 7日 18:58