Skip to content

Sony

ソニー・ピクチャーズ、ドリームワークス作品DVDの国内販売権を獲得!

株式会社ソニー・ピクチャーズエンタテインメント(以下SPEJ/東京・中央区 代表取締役 町田治之)はこのたび、ハリウッドのメジャー映画スタジオの一角を占めるドリームワークスより、同スタジオの新旧作品17タイトルに関する日本国内でのDVD販売権を獲得致しました。この秋より順次リリースしてまいります。

ドリームワークス作品DVDソフトの記念すべき国内導入第一弾と致しましては、本年2月に日本劇場他全国にてロードショー公開され、大ヒットを記録した『キャスト・アウェイ』(主演:トム・ハンクス、監督:ロバート・ゼメキス)を、10月26日に豪華2枚組みスペシャル・エディションで発売いたします(レンタルDVDは9月21日、シングルディスク)。そしてそれに引き続き、ロバート・デ・ニーロ主演の最新コメディ『ミート・ザ・ペアレンツ』や『ギャラクシー・クエスト』、『ロード・トリップ』などの最新作、さらには、『アメリカン・ビューティー』『ディープ・インパクト』『ピースメーカー』『ホーンティング』『プリンス・オブ・エジプト』『アンツ』『マウス・ハント』『ポーリー』『イン・ドリームス 殺意の森』『恋は嵐のように』『アミスタッド』『The Love Letter』『Joseph』など、大ヒット作、話題作の数々を、2001年末から2002年春にかけて順次発売してまいります。詳細につきましては、決まり次第ご案内させていただきます。

ドリームワークスはこれまで、ハリウッドのメジャー・スタジオの中では唯一、日本でのDVD発売に参入しておりませんでしたが、今回SPEJが17作品の販売権を獲得したことで、ようやく日本でも各メジャー・スタジオ作品のDVDソフトが市場に出揃うことになります。

本件のプレス発表にあたり、SPEJホームビデオ部門 取締役部門長 一井呉夫は、次のようにコメントしております。
「ドリームワークス作品のDVDソフトを日本国内で販売する権利を獲得できましたことは、SPEJにとりまして極めて大きな喜びです。ながらく待たれていたドリームワークスの一流作品の数々が、いよいよDVDで発売されることは、伸長著しい日本のDVDマーケットに更なる刺激を与え、市場全体を力強く牽引するという特別な意味合いを持っています。ハイ・クオリティのドリームワークス作品を日本の映画ファンの皆様に早くお届けできるようにするため、弊社としては全力を傾ける所存です。」

今回、そのDVDラインナップにドリームワークスの作品群が新たに加わることで、従来のコロンビア・トライスター、ユニヴァーサルとあわせ、SPEJでは今後3大メジャー・スタジオ作品のDVD販売を手掛けて行くことになります。SPEJは、DVDソフトのリーディングカンパニーとして、更なるマーケットの拡大に向け、これまで以上に積極的に取り組んで参ります。

以 上

-本件に関するお問い合わせ先-
(株)ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
ホームビデオ部門 マーケティング部