Skip to content

Sony

「メン・イン・ブラック2」日米同時に記録的スタート!
全米独立記念日公開作の記録を更新!

7月3日(水)に全米で、そして7月6日(土)に日本で同時公開されたSPE作品「メン・イン・ブラック2」【原題:MEN IN BLACK 2/コロンビア映画 & アンブリン・エンタテインメント製作】が、日米共に記録的なスタートを切りました。

[アメリカ]
7月3日から7日までの5日間の興行収入が8724万ドルを突破、米独立記念日の週末に公開された作品として「インデペンデンス・デイ」5日間の記録8497万ドルを破り、また週末3日間でも、前作「メン・イン・ブラック」の記録5106万ドルを越え、5214万ドルを稼ぎ出し、この結果ふたつの新記録を更新しました。

[日本]
7月6日・7日の土日週末2日間の成績は、全国537スクリーンで動員47万人、興行収入6億7千万円を記録。これは奇しくも5年前に大ヒットを記録した第1作「メン・イン・ブラック」とほぼ同額のスタートとなりました。ソニー・ピクチャーズは、予想される夏興行の活況の追い風を受けて、興行収入60億円以上を見込んでいます。

この「メン・イン・ブラック2」や「スパイダーマン」「パニック・ルーム」の大ヒットにより、ソニー・ピクチャーズは2002年の全米興行収入10億ドルを全配給会社の中で最も早く達成しています。

「メン・イン・ブラック2」は、前作から5年、再び地球を襲う危機に再結集したMIB(対宇宙人管理最高機密機関)のトップ・エージェントK(トミー・リー・ジョーンズ)とJ(ウィル・スミス)の活躍を、最先端SFXを駆使して迫力満点かつクールでユーモラスに描いた、最新最高のエンタテインメント・ムービーです。

監督 バリー・ソネンフェルド(「アダムス・ファミリー」「メン・イン・ブラック」)
製作総指揮スティーブン・スピルバーグ(「E.T.」「ジュラシック・パーク」)
製作 ウォルター・F・パークス/ローリー・マクドナルド
(「プライベート・ライアン」「グラディエーター」)
脚本ロバート・ゴードン(「ギャラクシー・クエスト」)/バリー・ファナロ
撮影グレッグ・ガーディナー
音楽ダニー・エルフマン
(「ミッション:インポッシブル」「スパイダーマン」)
特殊メイクリック・ベイカー(「メン・イン・ブラック」「猿の惑星」)
特殊効果インダストリアル・ライト & マジック
主演トミー・リー・ジョーンズ(「逃亡者」「スペース・カウボーイ」)
ウィル・スミス(「インデペンデンス・デイ」「アリ」)
リップ・トーン(「地球に落ちてきた男」「ワンダー・ボーイズ」)
ララ・フリン・ボイル(「ルーキー」「スリーサム」)

以上

(株)ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント コーポレート広報部
〒104-8530 東京都中央区明石町8-1 聖路加タワー36F