Skip to content

Sony

ソニー・シネマチックは、ソニー・ピクチャーズと共同で、“高輝度液晶プロジェクター”導入による「シアターネットワークサービス」をスタート!
- シネコン運営会社 ユナイテッド・シネマ、イオンシネマズと業務提携 -

 ソニー・シネマチック株式会社(東京・港区 代表取締役社長 依田弘長)は、株式会社ソニー・ピクチャーズエンタテインメント(東京・中央区 代表取締役社長 町田治之)と共同で、ユナイテッド・シネマ株式会社(東京・港区 代表取締役社長 塚田哲夫)、イオンシネマズ株式会社(千葉・千葉市 代表取締役社長 中下善昭)と業務提携し、来る2003年8月より、全国の主要都市のシネコン12劇場(107スクリーン)を皮切りに、「シアターネットワークサービス」を開始致します。

「シアターネットワークサービス」とは、プロジェクター、ネットワークプレイヤー、DVDプレイヤー等を劇場に導入し、それらのハード機器の特性を活用して、幕間(まくあい)のCM上映や、映画/映像上映を行うサービスです。このサービスにより、通常の35mmフィルム上映だけでは、経済性や汎用性の理由から提供が困難なコンテンツの上映を可能にします。

「シアターネットワークサービス」が提供するサービスには、大きく分けて次の2つが挙げられます。
1) CM・プロモーション・タイム
幕間のCM上映、ならびにそれと連動した各種プロモーション、劇場ロビーでのイベントの提供。
ネットワークプレイヤーの特長である、ビデオ素材をフィルムに変換せず上映でき、より柔軟に映像素材を作成できる機能を活用。CMなどのソフト制作・編集に関しては、ソニーPCL株式会社がサポート。
2) ターゲット・イベント・シアター
午前中はシニア、午後は主婦層、夕方は子供向けなど、時間帯によって変動する顧客のニーズや嗜好性に合わせたコンテンツの上映。
劇場稼働率の低い時間の有効活用を促進。上映プログラムとして、シニア・シネマ・シアター、アニメ・シアター、ファンクラブ・イベント、DVD試写会、ハイビジョンドラマ・ロードショーなどを企画。

コンテンツ提供には、ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントを初め、多様なゲーム素材、音楽素材を保有するソニー・グループ各社が協力すると共に、国内外の多種多様なコンテンツをお届けします。

 「シアターネットワークサービス」の運営は、ソニー・シネマチック株式会社 シアターネットワークサービス事業部(事業部長:浦上典明)が担当致します。

ソニー・シネマチックとソニー・ピクチャーズは、これからますます拡大していくシネコンをより楽しい映像エンタテインメント空間に育てるべく、鋭意努力を重ねて参ります。

「シアターネットワークサービス」ハード機器

 ソニー 5200ANSI ルーメン高輝度液晶プロジェクター、ネットワークプレイヤーNSP-100、DVDプレイヤーなどを使用。ネットワークプレイヤー NSP-100は、40GBのHDDを内蔵し、MPEG2の高画質映像を最大18時間(ビットレート4Mbpsの場合)蓄積可能なシングルチャネルサーバー。動画に加え、静止画、テキストデータの3種類のコンテンツ素材と、あらかじめオーサリングされたプレイリストを、インターネット/イントラネット網を活用してFTPで受信、蓄積し、エンドポイントに送出が可能。

「シアターネットワークサービス」機器設置劇場

 第一段階として、以下の12劇場に設置。

  劇場名 スクリーン数
北海道 パラマウント・ユニバーサルシネマ 11
新潟 ユナイテッド・シネマ新潟 8
埼玉 ユナイテッド・シネマ入間 9
愛知 イオンシネマ・ワンダー 10
愛知 ユナイテッド・シネマ稲沢 9
愛知 ユナイテッド・シネマ阿久比 9
石川 ルネス9シネマ 9
京都 イオンシネマ久御山 8
滋賀 大津7シネマ 7
大阪 ユナイテッド・シネマ岸和田 9
福岡 ユナイテッド・シネマ福岡 10
長崎 ユユナイテッド・シネマ長崎 8

以上

2003年7月7日発信

ソニー・シネマチック(株)
〒108-0024 東京都港区高輪3-13-1 高輪コート3F
シアターネットワークサービス事業部 担当:小島、渡辺

(株)ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
〒104-8530 東京都中央区明石町8-1 聖路加タワー36F
コーポレート広報部