Skip to content

Sony

「ヘブン・アンド・アース」ジャパンプレミア!
東京国際映画祭初のオープニング・ナイト上映!

 株式会社ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント(SPEJ、東京・中央区代表取締役社長町田治之)が配給するワールドシネマ/アジア作品、SPE中国・アメリカ共同製作による歴史超大作「ヘブン・アンド・アース」が、第16回東京国際映画祭で、初のオープニング・ナイト作品として11月1日に上映され、絶賛を博しました。

 東京国際映画祭オープニング・セレモニー会場の渋谷・オーチャードホールには、主演の中井貴一、チアン・ウェン、ヴィッキー・チャオ、監督のフー・ピンがレッドカーペットより入場。同日夜の上映前には舞台挨拶を行ない、撮影秘話や日本公開への熱い思いを語りました。また、SPE本社より、ギャレス・ウィガン(コロンビア・トライスター・モーション・ピクチャー・グループ、副社長)とバーバラ・ロビンンソン(コロンビア・ピクチャー・フィルム・プロダクション・アジア、マネージング・ディレクター)が来日し、東京国際映画祭に参加しました。

 「ヘブン・アンド・アース」は、紀元700年の唐王朝時代の中国を舞台に、遣唐使として大陸へ渡った日本人を主人公に、国を超えた男たち女たちの生き様を描いた壮大なスケールの人間ドラマ。2004年2月28日より、ニュー東宝シネマほか全国東宝洋画系にてロードショー公開されます。

「ヘブン・アンド・アース」
監督:フー・ピン 脚本:フー・ピン、チャン・ルイ  音楽:A・R・ラフマーン
主演:中井貴一、チアン・ウェン、ヴィッキー・チャオ
2003年/原題Warriors of Heaven and Earth

以上

2003年11月4日発信

本件に関するお問合せ先
株式会社ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
〒104-8530 東京都中央区明石町8-1 聖路加タワー36F
コーポレート広報部