Skip to content

Sony

ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
会長兼CEOとして、マイケル・リントン氏就任

 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント(SPE、米国・カルバーシティ)は12月10日、マイケル・リントン氏が会長兼最高経営責任者(CEO)に就任することを発表しました。

 リントン氏は1982年から85年に投資銀行クレジット・スイス・ファースト・ボストン社に勤務、1987年から新会社ディズニー・パブリッシングの社長に就任しました。1992年から96年には、ウォルト・ディズニー・カンパニーの映画製作部門であるハリウッド・ピクチャーズの社長を務め、「ザ・ロック」「クイズ・ショウ」「サンタクローズ」「クリムゾン・タイド」などのヒット作を生み出しました。1996年から2000年には、国際メディア企業ピアソンPLCでペンギングループの会長兼CEOを担当、2000年からはタイム・ワーナー・インターナショナル社長、AOLインターナショナル社長、AOLヨーロッパCEOを務めました。

この人事発表にあわせ、SPE副会長エイミー・パスカルがSPEモーション・ピクチャー・グループの会長に就任し、ソニー・ピクチャーズが製作/配給する全ての映画の責任者となります。これらの人事は2004年の1月に実施されます。

エイミー・パスカルと共にSPE副会長を務めているジェフ・ブレイク(コロンビア・トライスター・モーション・ピクチャー・グループ、ワールドワイド・マーケティング・アンド・ディストリビューション社長)とヤイール・ランドー(ソニー・ピクチャーズ・デジタル社長)は、共に引き続いて現職を担当いたします。

以上

2003年12月11日発信

本件に関するお問合せ先
株式会社ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
〒104-8530 東京都中央区明石町8-1 聖路加タワー36F
コーポレート広報部
映画 マーケティング部