Skip to content

Sony

アカデミー賞最優秀長編ドキュメンタリー賞受賞作品
「フォッグ・オブ・ウォー マクナマラ元米国防長官の告白」
オフィシャルサイト公開!
2004年9月11日よりヴァージンシネマズ六本木ヒルズにて公開!

 株式会社ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント(東京・中央区 代表取締役社長 宗方謙)は、アカデミー賞最優秀長編ドキュメンタリー受賞作品「フォッグ・オブ・ウォー マクナマラ元米国防長官の告白(原題THE FOG OF WAR)」(監督:エロール・モリス)を、2004年9月11日より、ヴァージンシネマズ六本木ヒルズにて公開いたします。
これに先駆けまして6月10日より「フォッグ・オブ・ウォー」オフィシャルサイトを公開いたします。このサイトは、監督エロール・モリスの独占インタビューや、上映作品の一部公開、撮影中の秘蔵写真など、豊富な映像・画像を満載したブロードバンドコンテンツとなっています。

ソニー・ピクチャーズ オフィシャルサイト
http://sonypictures.jp/

フォッグ・オブ・ウォー マクナマラ元米国防長官の告白 オフィシャルサイト
http://sonypictures.jp/movies/fogofwar/index.html

● オフィシャルサイトについて(http://sonypictures.jp/movies/fogofwar/index.html

  • 1962年キューバ・ミサイル危機に対するマクナマラのコメントや、1945年東京大空襲の映像等本編映像の一部を無料で閲覧できます。
  • 本オフィシャルサイトで独占公開となるエロール・モリス監督インタビュー映像をご覧いただけます。
  • その他、プレゼントキャンペーン等、各種オンラインイベントを予定しています。

● 「フォッグ・オブ・ウォー マクナマラ元米国防長官の告白」について

  • 本作は第76回アカデミー賞最優秀長編ドキュメンタリー受賞作品です。
  • ケネディ、ジョンソン両アメリカ大統領に仕えた元米国防長官ロバート・S・マクナマラへの23時間におよぶロングインタビュー映像を中心としたドキュメンタリー作品です。
  • 東京大空襲やキューバ危機、ベトナム戦争開戦および枯葉剤散布決定に及ぶまで、20世紀に勃発した戦争に中心人物の一人として関わったマクナマラが、彼が戦争から得た「11の教訓」を交えながら、インタビューに応じます。
  • インタビュー映像以外にも、各所に戦下の貴重な映像や録音テープを駆使、20世紀のアーカイブ作品となっています。
  • 本作は第76回アカデミー賞最優秀長編ドキュメンタリー賞の他、第29回ロサンゼルス批評家協会賞ドキュメンタリー映画賞、第86回ナショナル・ボード・オブ・レビュードキュメンタリー映画賞を受賞しました。また、第56回カンヌ国際映画祭正式出展作品です。
  • 監督エロール・モリスは米国ドキュメンタリー映画の第一人者です。1992年には、話題の書「ホーキング、宇宙を語る」の元となったホーキング博士のインタビュー映画「ブリーフ・ヒストリー・オブ・ライフ」でサンダンス映画祭グランプリと監督賞をダブル受賞、1999年には「Fast, Cheap & Out of Control」で、全米映画批評家協会賞、インディペンデント・スプリット賞など数多くの映画賞を受賞しました。

※トップページ映像

「フォッグ・オブ・ウォー マクナマラ元米国防長官の告白」オフィシャルサイト

以上

2004年6月10日発信

(株)ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
〒104-8530 東京都中央区明石町8-1 聖路加タワー36F
コーポレート広報部
映画マーケティング部