Skip to content

Sony

「フォッグ・オブ・ウォー マクナマラ元米国防長官の告白」
9/11より東京で独占公開!快調なスタート!

 9/11(土)ヴァージンシネマズ六本木ヒルズにて独占公開された本年度アカデミー賞最優秀長編ドキュメンタリー映画賞受賞、ソニー・ピクチャーズ・クラシックス作品「フォッグ・オブ・ウォーマクナマラ元米国防長官の告白」(SPE配給)が、ドキュメンタリー映画ブームの波に乗り快調なスタートを切りました。

初日(9/11) 動員 654名 興収 1,051,900円
2日目(9/12) 動員 524名 興収   832,500円
2日間計 動員 1,178名 興収 1,884,400円

 この成績は、現在同劇場で上映中の「ソウル・オブ・マン」初日2日目計との対比で、動員122%(「ソウル・オブ・マン」962名) 興収119%(同 1,583,800円)となる高稼働。客層は男:女比=60%:40%、30歳以上が60%、外国人が10%。また、劇場パンフレットの購買率が27%と高比率になっています。

 「フォッグ・オブ・ウォー マクナマラ元米国防長官の告白」は、引き続き9/18から名古屋シネマテーク、9/25からシネ・リーブル梅田、シネ・リーブル神戸、札幌シネマフロンティア、10月下旬福岡シネテリエ天神ほかで順次全国公開されます。

以上

2004年9月13日発信

(株)ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
〒104-8530 東京都中央区明石町8-1 聖路加タワー36F
コーポレート広報部
URL:http://sonypictures.jp