Skip to content

Sony

ソニー・ピクチャーズ作品
「ココシリ:マウンテン・パトロール」(原題)
第17回東京国際映画祭で審査員特別賞受賞!

 10月31日、東京・渋谷のBunkamuraで行なわれた第17回東京国際映画祭クロージング・セレモニーで、コンペティション部門(審査委員長:山田洋次監督)の授賞式が行なわれ、コロンビア・ピクチャーズ・フィルム・プロダクション・アジア製作、ルー・チューアン監督作品「ココシリ:マウンテン・パトロール」(原題)が、審査員特別賞を受賞致しました。この作品は、「ミッシング・ガン」で鮮烈にデビューした中国の新鋭監督ルー・チューアンが、密猟者と戦う<マウンテン・パトロール>の実話を、現地チベットに長期ロケを敢行して撮り上げた渾身の傑作です。今回の映画祭上映に際して、監督のルー・チューアン、主演のデュオ・ブジエが来日し、記者会見と上映会場でのティーチ・インを行ないました。

ココシリ:マウンテン・パトロール

「ココシリ:マウンテン・パトロール」(原題)  Kekexili: Mountain Patrol 可可西里
2004年/カラー作品/88分/35ミリ/1:2.35/ドルビーSRD/マンダリン&チベット語作品/製作:コロンビア・ピクチャーズ・フィルム・プロダクション・アジア、 ヒューエイ・ブラザース、 タイヘー・フィルム・インベストメント/配給:(株)ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
日本公開予定:2005年

 【解説】  中国青海省のチベット高原や崑崙山脈に囲まれた秘境ココシリ。その自然と野生動物を守る<マウンテン・パトロール>と、チベットカモシカを狙う密猟者、そして美しくも過酷なチベットの大自然、その3つ巴の壮絶な闘いを描いた感動的な実話の映画化。チベットカモシカの毛は“カシミヤの王”と称され、密猟が急増していた。1993年、民間の有志が集まって、チベットの元軍人リータイ(デュオ・ブジエ)をリーダーに<マウンテン・パトロール>が組織されるが、隊の資金は乏しく、さらに、守るべき大自然は砂嵐や極寒という過酷な牙で隊員を苦しめる。密猟者や大自然に対して隊が立ち向かってゆく姿を、リアルかつ清冽な映像美でパノラミックに描き出した感動作。

以上

2004年11月1日発信

(株)ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
〒104-8530 東京都中央区明石町8-1 聖路加タワー36F
コーポレート広報部
URL:http://sonypictures.jp