Skip to content

Sony

(株)ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
組織変更発表

2006年1月12日発信

 株式会社ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント(東京・中央区 代表取締役社長 宗方謙、以下SPEJ)は、映画部門の組織変更および人事異動を発表いたしました。SPEJは今年2006年から2007年にかけて49本の作品の公開を予定しており、これら一本一本の作品のより効果的で効率の良い映画宣伝、映画営業業務を行うことを目的に、この新体制を整えました。映画部門には「マーケティング本部」(映画マーケティング部より改名)と「営業本部」(映画営業部より改名)の他に、既存の「業務推進室」と新設の「営業戦略室」を置き、配給業務の円滑な遂行をめざしてまいります。  ※リリース文末の組織図をご参照下さい。

〔映画部門日本代表〕 佐野 哲章
 
〔マーケティング本部〕 本部長 深沢 恵
プロデューサー制を確立。5つの分室を設けて、それぞれの業務の専門性を高める。
 
マーケティング部 部長 堀越 孝行 〈プロデューサー室/メディア室/パブリシティ室各室長を兼務〉
・プロデューサー室   田中 史朗  
仲澤 直美
堀内 啓
松谷 昌享
・メディア室   鹿野 教子
平塚 真由美
・パブリシティ室   丹波 茜
後藤 優
岡井 幹子
増川 直美
紙谷 知子
永井 敦子
東浜 由晃
・クリエイティブ室 室長 深沢 恵 〈本部長と兼務〉
上田 俊輔
奥山 奈緒
 
・プロモーション室 室長 篠原 宏康 〈ソニー・ピクチャーズ・アニメーション担当ディレクターと兼務〉
田中 俊二 〈プロデューサーと兼務〉
林  武彦  
 
プリント・プロダクション   吉岡 美恵子  
小澤 純子
 
大阪営業所   浅見 準 〈営業所所長代理と兼務〉
植田 玲子
佐々木 浩子
河原林 良孝
 
〔営業本部〕 本部長 鶴井 譲治
興行会社に向けての営業窓口の強化。新たに「編成室」「業務室」を設けて効率の向上を目指す。
 
・編成室 室長 大峰 秀樹 〈編成統括/全国歩率〉
TOHOシアターズ、ヘラルド・エンタープライズ、ユナイテッド・シネマ、イオンシネマズ、(順不同)
山口 和浩 〈アートシアター〉
日活、ヒューマックス、東京テアトル、北海道、東北、甲信越、静岡、関東全県、沖縄、東京2番、(順不同)
吉久保 裕之 〈シネコン〉
ワーナー・マイカル、109シネマズ、佐々木興業、ティ・ジョイ、松竹マルチプレックスシアターズ、(順不同)
・シアター・マーケティング室 室長 鶴井 譲治 〈営業本部長と兼務〉
吉久保 裕之 〈編成室と兼務〉
 
・業務室 室長 逢坂 裕之 ブッカー、アナリスト
蓮井 園子 デスク、数値入力(EBOR)、前売券集計、予告発注、プログラム
小川 英志 映写室全般業務
 
大阪営業所所長代理   浅見 準 大阪・京都・神戸・名古屋
佐藤 公男 関西、四国、中国、北陸全県
福岡営業所所長   三嶋 宏 九州全県
 
〔業務推進室〕 室長 平林 美枝子 〈コーポレート広報VPと兼務〉
新作及び海外情報の収集とレポート。映画祭など渉外活動の窓口。
    栗橋 桂子  
    (猪瀬 もも子)  
 
〔営業戦略室〕 室長 今堀 寛毅  
配給作品の公開調整。LA本社レポートの補佐。
 
〔映画部門 特別顧問〕   古澤 寿斗  
ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント映画部門 新体制

以上

(株)ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
〒104-8530 東京都中央区明石町8-1 聖路加タワー36F
 映画マーケティング部
  映画営業部

  コーポレート広報部

URL:http://sonypictures.jp