Skip to content

Sony

2006年9月8日

<報道資料>

ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
副会長エイミー・パスカルが共同会長(Co-Chairman)に昇格し
2011年まで契約を延長

 ソニー・ピクチャーズエンタテインメント(SPE、米国・カルバーシティ)は9月6日、副会長(Vice-Chairman)であったエイミー・パスカルが、共同会長 (Co-Chairman)に昇格し、2011年まで契約を延長いたしました。

 今回の新たな役職に加えて、パスカルは今後も引き続きSPEモーション・ピクチャー・グループの会長を務め、マイケル・リントンがSPEの会長兼CEOを務めます。ふたりはソニー株式会社会長兼CEOであるハワード・ストリンガーにレポートする立場です。

 リントンとパスカルの指揮の下、SPEは今年2006年、「もしも昨日が選べたら」「TALLADEGA NIGHTS」など、既に8本の作品でオープニング興行成績1位を獲得。年内公開予定として、シリーズ最新作「007/カジノ・ロワイヤル」、SPE初のCGアニメーション「オープン・シーズン」、早くもアカデミー賞の呼び声の高い政治ドラマ「オール・ザ・キングスメン」など多彩な作品が揃っており、これらのヒットにより年間興行収入記録の更新を目指してまいります。

以上

<お問合せ先>
株式会社ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
コーポレート広報部
〒104-8530 東京都中央区明石町8-1 聖路加タワー36F

URL:http://sonypictures.jp