Skip to content

Sony

2008年1月23日
株式会社ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

<報道資料>

ソニー・ピクチャーズ テレビジョン作品
グレン・クローズがゴールデングローブ賞
テレビシリーズ ドラマ部門主演女優賞受賞の
法廷サスペンスドラマ『ダメージ』
NHK衛星第2放送で日本初放送決定!

 米国ソニー・ピクチャーズ テレビジョン製作の新作テレビシリーズ『ダメージ』(原題 DAMAGES)が、NHK衛星第2放送で本年4月2日(水)より、毎週水曜の夜11時から日本初放送されることが決定いたしました。

 『ダメージ』は2007年7月24日にFXネットワークを通じて全米で初放送され、ベーシックケーブルの夜番組で視聴率1位を獲得したヒット番組です。また、全米で第1シーズン全13話の放送が終了して間もない2008年1月6日より、英国国営放送BBC1で早くも放送が開始され高視聴率を獲得。日英共に早期に放送を決めるほどに、『ダメージ』は明確で力強い作品的魅力とクオリティを備えたドラマと言えるでしょう。『ダメージ』は今年のゴールデングローブ賞で下記4部門にノミネートされ、グレン・クローズが最優秀主演女賞を獲得しております。

 
テレビシリーズ ドラマ部門    最優秀作品賞 『ダメージ』
☆最優秀主演女優賞 グレン・クローズ
   最優秀助演女優賞 ローズ・バーン
   最優秀助演男優賞 テッド・ダンソン
ダメージ グレン・クローズ ローズ・バーン テッド・ダンソン
『ダメージ』 グレン・クローズ ローズ・バーン テッド・ダンソン

 アメリカでは既に、『ダメージ』の第2シーズン、及び第3シーズンの製作が決定しています。

【イントロダクション】
 テレビシリーズ「ダメージ」は、全米を震撼させた衝撃のサスペンスドラマ。狡猾かつ大胆、そしてどこまでも非情な主人公、敏腕女性弁護士パティ・ヒューズを演ずるのは、5度のアカデミー賞ノミネート(※)を誇る名女優グレン・クローズ。彼女が率いるニューヨークの弁護士事務所ヒューズ&アソシエイトは、大企業相手の損害賠償請求で権力の不正を暴いていくが、勝訴のためならどんな手段も厭わないパティは、恐るべき闇の世界とも繋がっていた…。難関を突破しパティの助手となった理想に燃える新人弁護士エレン(ローズ・バーン)は、その触れてはならない真実に次第に気付いてゆくことに。

【スタッフ】 エグゼクティブ・プロデューサー/脚本:トッド・A.・ケスラー (ザ・ソプラノズ)、ダニエル・ゼルマン、グレン・ケスラー、監督:マリオ・ヴァン・ピープルズほか
【キャスト】 グレン・クローズ、ローズ・バーン、テッド・ダンソン、テイト・ドノヴァン、ジェリコ・イヴァネク、ノア・ビーン、アナスタシア・グリフィス

 テレビシリーズ『ダメージ』に、どうぞご期待下さい。

 ※ グレン・クローズのアカデミー賞5度のノミネート

  • 「危険な関係」(1989) 主演女優賞
  • 「危険な情事」(1988) 主演女優賞
  • 「ナチュラル」(1985) 助演女優賞
  • 「再会の時」(1984) 助演女優賞
  • 「ガープの世界」(1983) 助演女優賞

<お問合せ先>
株式会社 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
テレビライセンスセールス部
〒105-0022 東京都海岸1―11―1 ニューピア竹芝ノースタワー17F