Skip to content

Sony

2008年7月28日

<報道資料>

カプコン × ソニー・ピクチャーズ 共同製作
バイオハザードシリーズ初のフルCG長編作品
『バイオハザード:ディジェネレーション』
サンディエゴ・コミコンにて、いよいよ詳細発表!

 株式会社カプコン(大阪・中央区 代表取締役社長 辻本春弘、以下カプコン)と株式会社ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント(東京・港区 代表取締役社長 宗方 謙、以下SPEJ)は、7月25日午後(現地時間)、北米最大のポップカルチャーイベントであるコミコン・インターナショナル(カリフォルニア州サンディエゴにて開催)において記者会見を行い、両社が共同で製作するフルCG長編作品『biohazard:DEGENERATION』(バイオハザード:ディジェネレーション)の詳細を全世界に向けて発表いたしました。

 『biohazard:DEGENERATION』は、1996年発売のテレビゲームに始まる『バイオハザード』シリーズの世界を初めてフルCGによって描く長編作品です。監督には大ヒット作『日本沈没』『L Change the WorLd』の特撮監督として知られる神谷誠。脚本は『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』『CASSHERN』などでSFにリアルな社会情勢を織り込むことを得意とする菅正太郎。ヒット作『アップルシード』『エクスマキナ』などを世に送り出してきたデジタル・フロンティアが制作を行い、『バイオハザード4』『デビル メイ クライ 4』の開発も含め数々のゲーム製作に携わってきたカプコンの小林裕幸がプロデュースを担当しています。この作品は本年10月18日(土)より、東京・新宿ピカデリー、大阪・梅田ブルク7、名古屋・ミッドランドスクエアシネマの全国3館2週間期間限定のデジタル上映で劇場公開いたします。

  • 監督 神谷誠:『日本沈没』『L Change the WorLd』(特撮監督)
  • 脚本 菅正太郎:『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』『CASSHERN』
  • 制作 デジタル・フロンティア:『アップルシード』『エクスマキナ』
  • プロデューサー 小林裕幸(カプコン):『バイオハザード4』『デビル メイ クライ 4』
    (デジタル上映、上映時間約98分)

 『biohazard:DEGENERATION』に登場するキャラクターは、ゲーム版『バイオハザード2』の主人公であるレオン・S・ケネディとクレア・レッドフィールド。この二人を軸に、ラクーンシティの惨劇から7年後、アメリカ中西部のとある空港で巻き起こる恐るべきバイオテロ、そして氾濫するゾンビとの壮絶な闘いが描かれます。

 カプコンはゲーム分野で『バイオハザード』を創造し、全世界的な大ヒットに導くとともに、それを基に米国ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント(以下SPE)が映画分野で実写版『バイオハザード』を全世界に配給しました。この度、カプコンとSPEの日本法人であるSPEJが手を組み、革新的な映像でオリジナルストーリーのCG版『バイオハザード』を誕生させます。

 『バイオハザード』シリーズは、ゲームで1996年に初回作を発売以降、サバイバルホラーというジャンルを 確立し、これまでに全世界で累計3,450万本以上を出荷するなど、多くのファンを魅了する有力コンテンツです。

 また、本シリーズは、同タイトルを題材にした映画『バイオハザード』『バイオハザードⅡ アポカリプス』『バイオハザードⅢ』が全て全世界で興行収入1億ドルを突破する大ヒットを記録。日本においても、最新作『バイオハザードⅢ』がシリーズ最大のヒットとなる興行収入28.5億円をあげて、ますますの盛り上がりを見せるなど、高い支持と評価を頂いております。

 フルCG長編作品『biohazard:DEGENERATION』は、いよいよその衝撃の全貌を明らかにすべく、製作の最終段階に入っております。どうぞご期待ください。

「バイオハザード:ディジェネレーション」オフィシャルサイト
http://www.biohazardcg.combiohazard:DEGENERATION バイオハザード:ディジェネレーション

以上

<本件に関するお問合せ先>

株式会社 カプコン 広報・IR室
〒540-0037 大阪府大阪市中央区内平野町三丁目1番3号
http://www.capcom.co.jp

株式会社 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント コーポレート広報部
〒105-8415東京都港区虎ノ門4-1-28 虎ノ門タワーズオフィス2F
http://sonypictures.jp