Skip to content

Sony

2009年9月18日

ソニーグループのブランドメッセージ
“make.believe”

映画「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」
から使用開始

SONY make.believe

 株式会社ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント(所在地:東京都港区 代表取締役:盛田昌夫、 以下SPEJ)は、ソニーグループのブランドメッセージ make.believe(読み:メイク・ドット・ビリーブ)の導入を開始いたします。

 映画部門では、10月28日(水曜日)より丸の内ピカデリーほか世界同時公開する映画「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」、ホームエンタテインメント部門では、11月20日(金曜日)にDVD、ブルーレイおよびUMDリリースとなる「ターミネーター4」、テレビ部門では、10月よりソニー株式会社との共同制作によるテレビ朝日にて放映中のサッカー番組「S-THE STORIES-」で、それぞれ使用を開始いたします。              

 make.believeは、豊かな想像を現実に結びつける、というソニーが創業以来持ち続けている企業姿勢を表現しています。エレクトロニクス、ゲーム、音楽、映画、携帯電話、ネットワークサービスなど幅広い領域の事業に対して統一されたブランド メッセージを使用するのは、ソニーとして初めての試みです。ソニーグループのブランドスピリットを体現する言葉、make.believeを、グループ企業のさまざまな宣伝素材や広告展開に活用、ソニーブランドのさらなる活性化を目指します。

 SPEJはソニーグループの一員として、上記ソフト以降も様々な宣伝素材や広告展開において、継続的にmake.believeを推進してまいります。ご注目ください。

以上

※“SONY”および“make.believe”はソニー株式会社の商標です

  

<お問合せ先>株式会社 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント  コーポレート広報&映画業務推進室
〒105-8415 東京都港区虎ノ門4-1-28 虎ノ門タワーズオフィス2F URL:http://sonypictures.jp