Skip to content

Sony

2009年11月19日

米ソニー・ピクチャーズが
CBSフィルムスと北米を除く海外配給契約を締結

CBSフィルムス製作映画の北米を除く劇場映画配給と
全世界ホーム・エンタテインメント配給を担当

 米カリフォルニア、カルバーシティ、11月17日(米時間)発/米ソニー・ピクチャーズのワールドワイド・アクイジションズ・グループはCBSフィルムスと3年間の配給宣伝契約を締結いたしました。この契約で米ソニー・ピクチャーズはCBSフィルムス製作映画の北米を除く海外劇場配給権利と全世界でのホーム・エンタテインメント配給を担当いたします。CBSフィルムスは北米での映画配給(限定的な少数の海外テリトリーでの配給を含む場合あり。)を担当します。

 CBSフィルムスは07年に、年間4~6本の映画(1作品の製作費上限5,000万ドルクラス)製作を目指して創設され、今後、北米公開2010年1月22日、ハリソン・フォード、ブレンダン・フレイザー主演、感動の実話の映画化「EXTRAORDINARY MEASURES(原)」を皮切りに、第2弾となる「THE BACK-UP PLAN(原)」(北米公開2010年春、ジェニファー・ロペス主演ロマンティック・コメディ)や「BEASTLY(原)」(北米公開2010年7月30日、スタイリッシュな10代のロマンスを描く、現代版「美女と野獣」)等、期待作を続々と製作してまいります。

 またCBSフィルムスと米ソニー・ピクチャーズは、ドゥエイン・“ザ・ロック”・ジョンソン、ビリー・ボブ・ソーントン出演のアクション・スリラー「FASTER(原)」(2010年初旬製作開始、同年秋公開予定。他製作:キャッスルロック・エンタテインメント)を共同製作し、更なるコラボレーションを強力に推進いたします。

 その他にもベストセラーの映画化、アクション・スリラー「CONSENT TO KILL(原)」、SFコミックの映画化「THE STATION(原)」、大ヒットロングランTVシリーズの映画化アクション・アドベンチャー「GUNSMOKE(原)」、「マイ・フェア・レディ」のリメイク、韓国映画のハリウッド・リメイクとなる「I'LL BE THERE(原)」、就職難の時代を生きる若者たちを描くコメディ「GET A JOB(原)」等の企画が待機しております。

 米ソニー・ピクチャーズ ワールドワイド・マーケティング&配給担当ジェフ・ブレイク会長は「この契約によって、より多くの映画を、北米を除く海外で展開できることになりました。CBSフィルムスとエイミー・ベアーの創り出す劇場映画作品には大いに期待しています」とコメントしています。また米ソニー・ピクチャーズ ワールドワイド・アクイジションズ・グループ、プレジデント、スティーブン・バーチは「全世界配給の可能な質の高い映画作品の権利獲得の機会を求め続けてきましたが、CBSフィルムスの映画作品は劇場映画とホーム・エンタテインメントの両方で、その基準に叶うものです」とコメントしています。

以上

<お問合せ先>株式会社 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント  コーポレート広報&映画業務推進室
〒105-8415 東京都港区虎ノ門4-1-28 虎ノ門タワーズオフィス2F URL:http://sonypictures.jp