Skip to content

Sony

ソニー・ピクチャーズ

2009年年間興行収入
自社新記録

 株式会社ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント(所在地:東京都港区虎ノ門、以下SPEJ)は、2009年年間興行収入で195億5,410万8,980円に到達し、この成績はSPEJ自社記録だった07年年間興行収入162億円を超えて、自社新記録樹立となりました。また年間興行収入でモーション・ピクチャー・アソシエーション1位獲得、かつ自社史上初の洋画配給会社1位となりました。

 この新記録には「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」、「2012」、「天使と悪魔」、「ターミネーター4」、「007/慰めの報酬」などのヒット作が大きく貢献しております。

 SPEJ映画部門日本代表、佐野哲章は以下のようにコメントしております。「この新記録達成は、作品に恵まれたこと、そしてSPEJ内の部門間のシナジー、さらには業界全体の皆様のご支援の賜物です。2010年のラインナップでは、初心にかえって、着実にクリーンヒットを重ねていく年になるとは思いますが、09年に鍛えたビジネス・パワーやネットワークを、今年の良質な作品に活かしていきたいと思っています。」

 今後もSPEJはスクリーンに新たな光を掲げてまいります。ご期待ください。

以上

<お問合せ先>株式会社 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント  コーポレート広報&映画業務推進室
〒105-8415 東京都港区虎ノ門4-1-28 虎ノ門タワーズオフィス 2F http://sonypictures.jp