Skip to content

Sony

映画「バイオハザードIV アフターライフ」
たった15日間でシリーズ新記録の30億超え!!

『バイオハザードIV アフターライフ』

 株式会社ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント(東京都港区虎ノ門 以下SPEJ)配給、「バイオハザードIV アフターライフ」が、9月10日(金)に世界同時公開され、日本では全国339館で公開され、初登場1位を獲得しましたが、その後も快調に集客し続け、9月18日(土),19日(日),20日(月)の3連休を含む17日から20日の4日間で動員476,846人、興収750,415,400円を上げ、累計1,642,657人、興収2,596,524,440円となりました。翌週の23日が祝日だったことも功を奏し、土・日を待たずして、24日(金)についに、累計動員1,902,549人、興収3,000,969,000円を上げ、公開15日目にして興収30億円突破を果たし、過去シリーズの記録を抜きました。
 先週末は動員147,157人、興収241,798,600円。9月26日(日)までの累計は動員2,049,293人 興収3,242,354,600円となっています。 

 根強いシリーズのファンに加え、「アバター」以来の本格的3D映画の迫力が強いファクターとなり、幅広い客層を獲得、リピーターも増えています。また、9月12日、19日、26日3週連続でテレビ朝日日曜洋画劇場にて「バイオハザード」過去3作品の連続放映も効果的追い風となりました。

 シリーズ過去作との週末2日間の対比は以下の通り。
「バイオハザードII」(04/9/11公開:興収26億円)
「バイオハザードIII」(07/11/3公開:興収28.5億円)

以上

<お問合せ先>株式会社 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント  映画マーケティング部
〒105-8415 東京都港区虎ノ門4-1-28 虎ノ門タワーズオフィス2F http://sonypictures.jp