Skip to content

Sony

第64回カンヌ国際映画祭
「ある視点」部門セレクション、オープニング上映に決定!

ガス・ヴァン・サント監督最新作
『永遠の僕たち』

Restless
公開と邦題決定のお知らせ

『永遠の僕たち』

あの『MILK』から3年、『グッド・ウィル・ハンティング』で、瑞々しい青春を描いたガス・ヴァン・サント監督が、再びエモーショナルな青春映画を送り出した。 不治の病に冒された少女と、死に取り憑かれた青年の恋を描いた作品で、主演は、今年急逝したデニス・ホッパーの息子 ヘンリー・ホッパー。共演には『アリス・イン・ワンダーランド』のアリス役でタイトルロールに大抜擢され、最近では『キッズ・オールライト』でレズカップルの娘という難しい役どころを見事に演じ、躍進目覚ましいミア・ワシコウスカ。
 そして、ヘンリー演じる主人公のただ一人の"友人"役として、日本から加瀬亮が出演している。脚本には、映画俳優として村上春樹原作の初の逆輸入映画『神の子どもたちはみな踊る』(2007)の主演も果たしているニューヨークの舞台俳優兼ライターのジェイソン・リュウ。自らの舞台劇"Of Winter and Water Birds"を今回の映画化のために脚色した。
 本作はこのたび発表された「第64回カンヌ国際映画祭 “ある視点”部門オープニング上映作品」に決定、ガス・ヴァン・サント監督以下キャストが参加してのワールド・プレミアとなる。

★第64回カンヌ国際映画祭上映スケジュール★
5/12(木)公式上映    5/14(土)インターナショナル・プレス用試写
出席者:ガス・ヴァン・サント監督、出演:ヘンリー・ホッパー/ミア・ワシコウスカ
プロデューサー:ブライス・ダラス・ハワード 脚本家:ジェイソン・リュウ(以上予定)

■原題:Restless
監督:ガス・ヴァン・サント 出演:ヘンリー・ホッパー/ミア・ワシコウスカ/加瀬亮
脚色:ジェイソン・リュウ 製作:ブライアン・グレイザー/ブライス・ダラス・ハワード/ガス・ヴァン・サント
全米公開:2011年
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

12月 TOHOシネマズシャンテ/シネマライズにて全国順次ロードショー

配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
お問合せ:ソニー・ピクチャーズ 映画マーケティング部
宣伝協力:樂舎