Skip to content

Sony

デヴィッド・フィンチャー監督最新作

ドラゴン・タトゥーの女

無修正R18+バージョン、全国5都市に拡大上映決定!

 2月10日(金)より日本公開され、初登場NO.1に輝いた映画「ドラゴン・タトゥーの女」。3月10日から15日までの6日間限定としてTOHOシネマズ六本木にて公開された無修正R18+バージョンは、3月3日(土)3月4日(日)の動員に対し、3月10(土)11日(日)の2日間が、公開6週目にして土日前週比120%upの動員となりました。この高稼働をみて、六本木だけではなく3月17日(土)より大阪、名古屋、福岡、札幌の4大都市で無修正R18+バージョンを拡大公開することが決定しました。
 また、TOHOシネマズ六本木は、当初3月15日までの期間限定上映予定でしたが、16日以降も無修正R18+バージョンでの続映を決定しました。
 もともと日本ではレイティングを<R15+>にして公開した「ドラゴン・タトゥーの女」。天才ハッカーのリスベット(ルーニー・マーラ)とジャーナリストのミカエル(ダニエル・クレイグ)が、スウェーデンで40年前に起きた財閥一族の少女失踪事件を追い、驚くべき真実を見つける・・という内容で、その二人の男女が事件解決へ導く過程で、心を通わせ全裸で体を重ねるシーン2箇所に“ぼかし”を入れて2月10日(土)の初日から上映してまいりました。映画レビューやTwitter上で、映画を観終わったお客様からの“ぼかし”に関してのご意見があり、またソニー・ピクチャーズに無修正バージョンでの上映を望む声が寄せられたため、急遽、無修正R18+バージョン(18歳以上がご覧になれます)の上映を、期間限定六本木のみで上映を決定しましたが、今回の拡大上映は、さらに全国からの要望にこたえる形で実現されました。

無修正R18+バージョン「ドラゴン・タトゥーの女」上映劇場は以下の通り
3月10日(土)より上映中 TOHOシネマズ六本木
3月17日(土)より上映 大阪ステーションシティシネマ
  TOHOシネマズ名古屋ベイシティ
ディノスシネマズ札幌劇場
TOHOシネマズ天神

監督:デヴィッド・フィンチャー(『セブン』『ソーシャル・ネットワーク』)
脚色:スティーブン・ザイリアン(『ハンニバル』『シンドラーのリスト』)
音楽:トレント・レズナー/アッティカス・ロス(『ソーシャル・ネットワーク』)
出演:ダニエル・クレイグ(『007慰めの報酬』)/ルーニー・マーラ(『ソーシャル・ネットワーク』)
全米公開:2011年12月21日 / 上映時間:2時間38分 / オフィシャルサイト: http://dragontattoo.jp/

TOHOシネマズ日劇ほか全国公開中!!

配給・宣伝:ソニー・ピクチャーズ 映画マーケティング部