Skip to content

Sony

『アメイジング・スパイダーマン』×乃木坂46スペシャル企画
ワールドプレミアを乃木坂46が生中継!!

 スタッフ・キャストを一新した新しいシリーズとして注目される『アメイジング・スパイダーマン』日本公開の6月30日(土)まで一ヶ月を切り、6月23日(土)、24日(日)世界最速3D限定先行上映が先ごろ決定し、いよいよ期待も最高潮に高まってきています。
 日本では世界に先駆けて、6月13日(水)のワールドプレミアでその全貌が明らかになりますが、このたび、ヤフー株式会社と株式会社GyaOが協力して運営する無料映像配信サイト「GyaO!」で、ワールドプレミアとのコラボとして、アイドルグループ・乃木坂46が出演する24時間生中継特番の配信が決定しました。

 ヤフー株式会社と株式会社GyaOが協力して運営する無料映像配信サイト「GyaO!」では、映画『アメイジング・スパイダーマン』の特集ページを2012年5月1日(火)~2012年7月13日(金)の期間下記URLにて公開中です。
GyaO!  http://gyao.yahoo.co.jp/
GyaO! 映画 http://gyao.yahoo.co.jp/ct/movie/
『アメイジング・スパイダーマン』特集  http://gyao.yahoo.co.jp/special/amazing-spiderman/

 そして、来たるワールドプレミア特番企画のメインナビゲーターに就任したのは、2ndシングル「おいでシャンプー」がオリコン初登場1位を記録し、国民的アイドルグループAKB48の公式ライバルとしても注目を集める乃木坂46。6月12日(火)夕方より、翌日13日(水)のワールドプレミアにかけて、24時間生配信でスペシャルプログラムお届けします。
 番組内では、24時間にわたって乃木坂46が運命(ゲームなど)を選択し続け、新たな可能性に挑戦。運命の“選択”というキーワードは、作品内で主人公ピーター・パーカーがスパイダーマンとして生きる運命を“選択”する物語とリンクしています。そして、“選択”と挑戦を重ねながら、さまざまなスキルを身に付けたうえでワールドプレミアへの参加を目指します。また、乃木坂46メンバーによる『アメイジング・スパイダーマン』の作品紹介や感想など、より映画の魅力を知ることができる番組となっています。作品のファンはもちろん、乃木坂46のファンも楽しめる、充実の内容となる予定です。
 スペシャルな特番の模様は、GyaO! の特集ページで生配信します。スパイダーマン最新作と乃木坂46の“アメイジング”なコラボを、ぜひお見逃しなくお楽しみください。
『アメイジング・スパイダーマン』ワールドプレミア24時間LIVE中継特番
◆配信日時2012年6月12日(火)19時 ~2012年6月13日(水)19時 (予定)

【映画「アメイジング・スパイダーマン」】

目撃せよ!スパイダーマン誕生の真実を。ピーター・パーカーはなぜ、スパイダーマンになったのか-。
失踪したピーターの父の秘密とは-。ピーターの両親はなぜ幼いわが子を残し、身を隠したのか-。
 両親に置き去りにされた傷を負う高校生ピーター・パーカーの内面に深く迫り、より繊細にエモーショナルに描き切る新「スパイダーマン」!今回の新シリーズで、この愛すべき「スパイダーマン」の物語は、ピーターの「父親探しから自分探しの旅」という全く新しいアングルで生まれ変わった。 
 両親が幼いときに謎の失踪をとげ、 以来、ベンとメイの伯父夫婦に育てられてきた高校生ピーター・パーカー。孤児である負い目にも拘わらず、育ててくれた伯父伯母に感謝し、内気なりに熱い正義感を秘め、同じ高校に通うグウェンに秘かに思いを寄せる、そんな普通のティーン・エージャーだ。ただ、ひとつ、自分を捨てて行った父リチャードのおぼろげな面影が彼の心にしこりを残していた。科学者だった父に似て、高校でめきめきと科学的才能を発揮し始めた最近は特に、自分の中の父の存在と、現実の父の不在との葛藤に悩んでいた。だからこそ、父が置いて行ったブリーフケースの中のノートをきっかけに、かつての父の研究パートナーだったコナーズ博士を訪ね、父とコナーズ博士が果たせなかった研究成果を導き出すのは、ピーターにとっては父への愛情と憧れの表われでもあったのだ。それが、ピーターに、スパイダーマンとして生きる運命を強いるとはまったく予想だにせず・・・。
 だが、ピーターは、過酷なその運命を受け入れ、その道を選び進んでいくことで、ひとりの男としての成長をみていくことになる。

6月23日(土)、24日(日)世界最速3D限定先行上映決定!
※一部劇場を除く
6月30日(土)よりTOHOシネマズ日劇ほか全国公開!

<お問合せ先>株式会社 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント 映画マーケティング部
〒105-8415 東京都港区虎ノ門4-1-28 虎ノ門タワーズオフィス2F http://sonypictures.jp