Skip to content

Sony

クエンティン・タランティーノ最新作

ジャンゴ 繋がれざる者

タランティーノ史上最高のヒット&大絶賛!
全米公開13日で1億ドル突破!
映画賞総なめ、その数すでに19賞!
1月10日オスカーノミネート、13日ゴールデン・グローブ賞発表に期待高まる!!

 超豪華キャストでおくるクエンティン・タランティーノ最新作『ジャンゴ 繋がれざる者』(日本公開3月1日)が、全米で昨年の12月25日に公開され、25日単日で1,500万ドル、1月5日(土)、6日(日)の週末を超え、公開わずか13日目にして1億640万ドルの成績に達した。
 これにより、今まででタランティーノ史上最高のヒット作だった『イングロリアス・バスターズ』(全米最終興行収入1億2,054万ドル)の初日記録(初日単日1,440万ドル)を超え、タンランティーノ史上最高ヒット作の座を『ジャンゴ 繋がれざる者』がものにした。
 さらに『ジャンゴ 繋がれざる者』は、観客に熱狂的に受け入れられただけでなく、批評家からも大絶賛を受けており、12月から始まった各賞レースで、すでに19もの賞に輝いている。その部門は、作品賞、タランティーノによる監督、脚本、今回初のきわどい悪役で話題のレオナルド・ディカプリオと『イングロシアス・バスターズ』に続いてのクリストフ・ヴァルツのダブル助演男優、音楽など多岐に渡る。
 また、13日に発表されるゴールデン・グローブ賞では、作品賞(ドラマ部門)を筆頭に、監督賞、脚本賞、助演男優賞のダブルノミネートで4部門に5つの名を連ねており、10日にいよいよノミネート発表となるアカデミー賞とともに大いに期待が高まるところである。

『ジャンゴ 繋がれざる者』が現在までに授賞している賞は下記の通り。
☆ナショナル・ボード・オブ・レビュー *レオナルド・ディカプリオ 助演男優賞 *作品TOP10
☆アメリカン・フィルム・インスティテュート(AFI) *作品TOP10
☆ロサンゼルス映画批評家協会賞*クリストフ・ヴァルツ主演男優賞
☆サンディエゴ映画批評会協会賞*クリストフ・ヴァルツ助演男優賞
☆ボストン・オンライン映画批評会協会賞*作品TOP10
☆インディアナ映画ジャーナリスト協会賞*作品TOP10*監督賞*クリストフ・ヴァルツ助演男優賞次点*脚本賞次点*オリジナルヴィジョン賞
☆セントルイス映画批評家協会賞*監督賞次点*クリストフ・ヴァルツ助演男優賞*脚本賞*音楽賞*ベストシーン賞
☆オースティン映画批評会協会賞*クリストフ・ヴァルツ助演男優賞*作品TOP10
☆オクラホマ映画批評会協会賞*作品TOP10

2013年3月1日(金)より丸の内ピカデリー他全国ロードショー!

<お問合せ先>株式会社 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント 映画マーケティング部
〒105-8415 東京都港区虎ノ門4-1-28 虎ノ門タワーズオフィス2F http://sonypictures.jp