Skip to content

Sony

ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
2012年世界興行収入NO.1
アメリカ国内興行収入No.1の座に輝く!

 2012年、ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントは、公開作品25本で44億4,000万ドルの世界興行収入を上げ、メジャースタジオのなかでトップとなりました。6月公開の『アメイジング・スパイダーマン』が世界興収7億5,200万ドルを上げ、つい先ごろ『007スカイフォール』が同スタジオとして初めての世界興収10億ドル突破作品となったことも大きな後押しとなりました。

 また、アメリカ国内でもソニー・ピクチャーズ エンタテインメントは、アメリカ国内の全興行収入108億2,000万ドルのうち、『アメイジング・スパイダーマン』2億6,200万ドル、『007 スカイフォール』2億8,500万ドルなどのヒット作によりシェア16.6%を獲得、スタジオ興行収入17億6,800万ドルを上げ、メジャースタジオのなかでトップとなっています。

 2013年もソニー・ピクチャーズは、全米公開13日目で1億ドルを突破し、すでに19もの映画賞に輝きアカデミー最有力のクエンティン・タランティーノ監督最新作『ジャンゴ 繋がれざる者』が、3月1日(金)の日本公開を控えており、ますます期待できる年となります。今後ともソニー・ピクチャーズ エンタテインメントにご期待ください。

<お問合せ先>株式会社 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント  映画マーケティング部
〒105-8415 東京都港区虎ノ門4-1-28 虎ノ門タワーズオフィス2F http://sonypictures.jp