Skip to content

Sony make.believe

アフター・アース

『ボンド24』(仮)製作決定!
『007 スカイフォール』のサム・メンデス監督
続投を正式発表!

 2013年7月11日、「007」シリーズのプロデューサーであるマイケル・ウィルソンとバーバラ・ブロッコリ、MGMの会長兼CEOであるゲイリー・バーバー、そしてソニー・エンタテインメントのCEOマイケル・リントンとソニー・ピクチャーズ エンタテインメントの共同会長エイミー・パスカルが、現在世界最長の映画シリーズとなっている6代目ジェームズ・ボンド ダニエル・クレイグ主演のシリーズ最新作『ボンド24』(仮)の製作決定、及びサム・メンデスが前作『007 スカイフォール』に引き続き監督となることを正式発表しました。脚本も同じくジョン・ローガンが手掛けます。
 また、合わせて公開はイギリスの2015年10月23日に次いで、アメリカで11月6日となることも明らかにされました。

 前作『007 スカイフォール』は、シリーズ50周年記念作品として2012年10月26日イギリスで公開、『アバター』を抜いて英国映画興行史上No1の金字塔を打ち立てたほか、日本でも同年12月1日に公開され、 27億円の成績を上げました。最終的には世界中で11億ドルの興行成績となり、これはシリーズ歴代No1記録となります。

 マイケル・G・ウィルソンとバーバラ・ブロッコリは「『007 スカイフォール』のメガヒットを経て、ダニエル・クレイグ、サム・メンデス監督、そしてジョン・ローガンとまた一緒に仕事が出来る事に本当に興奮しています」と語り、サム・メンデスは「『ボンド24』を私が監督できるように、舞台関係の調整を待ってくれた事に感謝しています。そして再びダニエル・クレイグ、マイケル・ウィルソンとバーバラ・ブロッコリと共に働ける事を楽しみにしています」とコメント。またソニー・ピクチャーズのマイケル・リントンとエイミー・パスカルは「ボンド映画に取り組むことは、特権です。イオンプロダクションや、ジョン・ローガンとサム・メンデス、そしてMGMと共に『007 スカイフォール』以上の作品に仕上げるよう取り組んでいきます。我々はこの新しい『ボンド24』を、世界中の観客と共有できる時を待ち切れない気持ちでいます」と語っています。

 今回ボンドを演じるのが4作目となるダニエル・クレイグ以外のキャストは未定。
日本での公開は2015年を予定しています。

『ボンド24』(仮)

監督:サム・メンデス  製作:バーバラ・ブロッコリ、マイケル・G・ウィルソン  英国公開:2015年10月23日、全米公開:2015年11月6日
出演:ダニエル・クレイグ

  

<お問合せ先>株式会社 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント 映画マーケティング部
〒105-8415 東京都港区虎ノ門4-1-28 虎ノ門タワーズオフィス2F http://sonypictures.jp