Skip to content

Sony make.believe

マット・デイモン&ジョディ・フォスター アカデミー賞スター共演
『第9地区』のニール・ブロムカンプ監督最新作

エリジウム

全米週末興行成績No.1!!
新作競合ひしめく中、3,000万ドル超えのスタート!
各国No.1スタート続々!

 2009年、えび型エイリアンとそれを制圧する人類の対立を描いた『第9地区』で世界を衝撃の渦に巻き込んだ新進気鋭の南アフリカ出身監督、ニール・ブロムカンプ。その彼が、マット・デイモンとジョディ・フォスターを迎えたSF衝撃作『エリジウム』が、先週8月9日(金)より全米公開となりました。
 全米3,284スクリーンで公開され、3,050万ドル(約29億4,200万円/1ドル=96円換算)の成績を収め、週末成績NO.1のスタート。先週末は、ディズニーアニメ作品『プレーンズ』をはじめ、注目の新作が数多く公開される中で IMAXで490万ドルの成績を上げるなど、その世界観と映像への期待感が上回った『エリジウム』が、堂々第1位を獲得いたしました。マット・デイモンの主演作品としては、「ボーン」シリーズ以来の好スタートとなり、また、コアなファンから火が付き広く支持をされた『第9地区』同様、今後の広がりも期待されます。25歳以上の観客が5割を占め、『第9地区』のファンが多く観賞されたことも推測されます。
 同じく先週末公開となりましたロシア、スウェーデン、台湾でも1位を獲得し、大ヒットとなっております(※)。 本作『エリジウム』は、9月20日(金)日本公開となりますので、引き続きご注目ください。

※【各国オープニング成績状況】

ロシア:『第9地区』のオープニング成績のプラス46%。
台湾:マット・デイモン主演作品として歴代No. 1オープニング成績。『第9地区』の7倍のBOでスタート。
スウェーデン:『第9地区』の2倍、『オブリビオン』『パシフィック・リム』のオープニングを超える成績。

【作品概要】

『第9地区』の監督最新作は “泣けるSF!”
余命少ない青年が望んだ理想郷(エリジウム)。そこで待ち受けていた、残酷で哀しい結末とは――。

 2154年。人類はスペースコロニー"エリジウム"に住む富裕層と、荒廃した地球に住む貧困層とに二極分化されていた。"エリジウム"は永遠の命が手に入る人類の理想郷。どんな不治の病でも一瞬で完治する特殊な再生装置が存在した。地球に住むマックス(マット・デイモン)は、事故により余命はあと5日間。<生きたい―>。その強い想いから'永遠の命'を手に入れるべくエリジウム行きを決断。だが、エリジウムへ行ける唯一の方法は、レジスタンス軍の兵士として、ある任務を遂行する以外、なかった。一方、エリジウムを管理する防衛長官のデラコート(ジョディ・フォスター)も、この美しいコロニーを守るべく、ある野心を抱いていた。

9月20日(金)、新宿ピカデリー他全国ロードショー!

 

<お問合せ先>株式会社 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント 映画マーケティング部
〒105-8415 東京都港区虎ノ門4-1-28 虎ノ門タワーズオフィス2F http://sonypictures.jp