Skip to content

Sony make.believe

デヴィッド・フィンチャー × ケヴィン・スペイシー 『ハウス・オブ・カード 野望の階段』
2013年エミー賞3部門受賞に続き、
ネットドラマ史上初の快挙を達成!
第71回ゴールデン・グローブ賞® 女優賞受賞!!

ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントより初夏Blu-ray&DVDリリース決定!

 世界から注目を浴びる実力派映画監督、デヴィッド・フィンチャー。そして、数々のアカデミー賞に輝く俳優ケヴィン・スペイシーが手を結び、総製作費100億円を注ぎ込み制作された、かつてない社会派ドラマ『ハウス・オブ・カード 野望の階段』。ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントより初夏にBlu-ray&DVDリリースが決定している本作が、昨日行われた第71回ゴールデン・グローブ賞®テレビの部ドラマ部門において主要4部門にノミネートされ、見事、女優賞(ロビン・ライト)を受賞致しました。

『ハウス・オブ・カード 野望の階段』 『ハウス・オブ・カード 野望の階段』は、2013年2月、全米インターネット配信サービス「ネットフリックス」にて全13章を一挙放送、たちまち話題となり、2013年開催の第65回エミー賞3部門受賞というネットドラマ史上初となる快挙を成し遂げた。第71回ゴールデン・グローブ賞®テレビの部では、全米ネットワーク、ケーブルテレビで放送された強豪作品が並ぶ中、ドラマ部門の主要部門である作品賞、男優量、女優賞、助演男優賞と、最多となる4部門にノミネート、見事女優賞(ロビン・ライト)を受賞する栄誉に輝いた。

 ロビン・ライトは、94年に映画『フォレスト・ガンプ/一期一会』で助演女優賞にノミネートされているが、受賞は今回が初の栄誉となる。ライトが演じるのは、ケヴィン・スペイシーが演じる主人公の妻。政治家である夫の野望を後押しする美しく、賢い妻で、物語の中心となる政界で繰り広げられるパワーゲームにも欠かせない存在となっている。

 本作は、アメリカでは、2月よりシーズン2を放送、日本ではBlu-ray&DVDがソニー・ピクチャーズ エンタテインメントより初夏リリース決定。

【ストーリー】 新大統領誕生に沸くワシントン。その立役者フランシス(スペイシー)は、大統領選に尽力した見返りとして国務長官の地位を約束されていたが、新政権発足と共に白紙に戻されてしまう。突然の裏切りに怒り心頭のフランシスは、妻クレア(ライト)の後押しもあり、大統領を失墜させるべく謀略を企てる。信頼を置く腹心のダグ(ケリー)、野心的な女性記者ゾーイ(マーラ)、さらにはスキャンダルまみれの若手議員ピーター(ストール)らを巻き込んで、フランシスは新たな野望への階段を上り始める。

【キャスト】 ケヴィン・スペイシー、ロビン・ライト、ケイト・マーラ、マイケル・ケリー、コリー・ストール、クリステン・コノリー
【スタッフ】 製作総指揮/デヴィッド・フィンチャー、エリック・ロス、テイナ・ブルネッティ、ケヴィン・スペイシー 他
       監督/デヴィッド・フィンチャー(1,2章)、ジョエル・シューマッカー(5,6章)、ジェームズ・フォーリー(3,4,9章)、
       カール・フランクリン(10,11章) 他
【全米放送データ】 放送メディア:インターネット配信サービス「Netflix (ネットフリックス)」
  シーズン1(13章):2013年2月1日一挙配信、シーズン2(13章):2014年2月14日一挙配信
【Blu-ray&DVD】  シーズン1:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントより初夏リリース
 

【読者お問合せ先】 (株)ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
【本件に関するお問い合わせ先】 (株) Kプレス