Skip to content

Sony

地球を守るためにアースアワーとスパイダーマンが協力

プレスリリース

2014年2月13日木曜日:今までに類を見ないコラボレーションが実現しました。WWF(世界自然保護基金)による国際的ムーブメント“アースアワー”(※)。その親善大使に、スパイダーマンがスーパーヒーローとしては初めて就任し、各人の持てる力を発揮し、地球を守るスーパーヒーローになろう、というメッセージを発信してゆくことになりました。

※アースアワーは世界約150か国の人々が、同日同時間に電気を消すアクションを通じて、「地球の環境を守りたい」という思いをわかちあう国際的なイベントです。今年は3月29日午後8:30-9:30で実施されます。まず、日付変更線に近い国々で始まり、順次、現地時間の午後8:30を迎えた地域で実施されます。

アースアワーの設立者の一人でありCEOを務めるアンディ・リドリーと、米ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントによるこの発表は、“アースアワー・ブルー”の立ち上げに合わせて行われました。“アースアワー・ブルー”とは、今年開催される恒例の消灯イベントへの参加者と、世界中の人々の力を地球を守るために結集させるべく作られた、クラウドファンディングおよびクラウドソーシングによる画期的な新デジタル・プラットフォームです。

今年は、アースアワーと、映画ファン待望の期待作『アメイジング・スパイダーマン2』(日本公開4月25日)の主人公スパイダーマン、そして同作に出演しているアンドリュー・ガーフィールド、エマ・ストーン、ジェイミー・フォックスと監督のマーク・ウェブが、世界各地で実際に行われている環境保全プロジェクトのための資金調達を目的とするアースアワー・ブルーを支援しています。

「スパイダーマンがスーパーヒーローとして初めて、アースアワーの親善大使を務めることを誇りに思います。自分の持つ力に気づけば誰でもスーパーヒーローになれることをスパイダーマンは示していますから」と、最新作でスパイダーマンを演じるアンドリュー・ガーフィールドは語りました。「アースアワーは、これまでにも世界中に大きな影響を及ぼしてきた活動ですから、そこにスパイダーマンが加わる今年、どれほどのことができるのか図り知れません」。

この新プラットフォームの一部であるクラウドファンディングに参加することによって、熱効率に優れた調理用コンロをマダガスカルの家庭に届ける活動、フィリピンのコミュニティで2013年の台風30号のような気候の影響にも耐えるファイバーグラス製のボートを作る活動、南アフリカのテーブル・マウンテン国立公園の保護資金調達活動に協力することが可能になります。また、こうしたプロジェクトは今後さらに増えてゆきます。

「たった一人の人間が、どんな人をもインスパイアする力。それを与えてくれるのがアースアワーです。そしてアースアワーは、“アワー”、つまり一時間だけの活動ではありません。世界中で地球のために行われている素晴らしいプロジェクトがクラウドにあります」と、エマ・ストーンは語りました。

『アメイジング・スパイダーマン2』の監督マーク・ウェブは、著名人として自身が支援するアースアワー・ブルー・プロジェクトを発表する最初の親善大使となります。彼が支援しているのは、スマトラトラ、象、サイ、オランウータンなど、インドネシアの森に生息する絶滅危惧種を守っているWWFのレンジャーたちに、より良い装備を提供することを目的としたプロジェクトです。

「アースアワーは、大勢のスーパーヒーロー、すなわち地球上の一人一人の力を利用して地球のためとなる変化を促しているムーブメントです。その人たちが一丸となり、さらに多くの活動をすることによって開ける可能性を想像してみてください」と、マーク・ウェブは語りました。

今では、154の国と地域の7000の都市で、さまざまな背景を持つ何百万人もの人々がアースアワーに参加しています。『アメイジング・スパイダーマン2』で悪役エレクトロを演じるジェイミー・フォックスはこう語りました。「アースアワーは消灯によって電力をセーブするだけの活動ではありません。地球環境改善のために、世界中の人々が年間を通して協力していく。それがアースアワーなのです。あなたの力を決して過小評価しないでください。あなたにできることを決して過小評価しないでください」。

WWFオーストラリアによるアースアワー2014のテーマ「Lights Off For the Reef」の一環である、人々にグレートバリア・リーフへの愛を表明してもらうインスタグラムを活用したキャンペーンなど、世界各地で行われる大規模環境キャンペーンへの賛同を呼びかけるアースアワー・ブルーに、アースアワーのクラウドソーシング・プラットフォームを使って参加することもできます。

また、このムーブメントに参加することで、フカヒレスープ用のフカヒレ漁禁止を求めてアジア中の著名人が署名しているシャークセイバーの“I’m FINished With FINS”の誓約書に署名することもできます。

「アースアワーは、類まれな道を歩み、類まれな影響を及ぼしてきました。そして今、次のフロンティアに進むときがやってきました。アースアワー・ブルーの始動により、これまで行われてきた世界規模の取り組みが飛躍的に拡大します。アースアワーをイベントからムーブメントへとシフトさせる、そのために、自分の持つ力を発揮し、自分の熱意を世界中で実際に行われているプロジェクトやキャンペーンにつなげようという気持ちを、スパイダーマンのようなヒーローがインスパイアしてくれるというのは、とてもエキサイティングです」と、アースアワーのCEOアンディ・ライリーは語りました。

米ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントは、WWF中国とアースアワー・ブルーによる、熱効率の良い調理用コンロを提供することでパンダの生息環境を守るプロジェクトに寄付し、アースアワー・ブルーに参加します。同社は、ゴールドスタンダードの認証を受けてカーボンオフセットを実行し、『アメイジング・スパイダーマン2』の製作およびプロモーション・ツアーを通じてカーボンニュートラルを実現しました。

長年にわたる多くの持続的取り組みをさらに拡大することで、『アメイジング・スパイダーマン2』は、コロンビア・ピクチャーズ史上、最も環境に優しいテントポール作品となりました。撮影現場およびそれ以外でのこうした環境への取り組みを、プロデューサー、スタジオ役員、キャスト、スタッフなどすべての関係者が支持し、プリプロダクション開始直後から着手しました。

「スパイダーマンは常に人々が共感できるスーパーヒーローでした。ピーター・パーカーはすべての人にとってのヒーローであり、インスピレーションを与えてくれる存在です。ですから、アースアワーに協力して、地球を守る力をすべての人に与えるというのは、スパイダーマンにとてもふさわしいことだと思います」と、米ソニー・ピクチャーズ副会長 兼 ワールドワイド・マーケティング・アンド・ディストリビューション会長のジェフ・ブレイクは語りました。「また、私は、『アメイジング・スパイダーマン2』の製作において完全にカーボンニュートラルを実現できたことを非常に誇りに思っています。製作中もできる限り環境を意識することを誓い、資源の無駄遣いを避け、環境に配慮することに特別な努力をしました。そうした努力のプロセスをアースアワー・ブルーで締めくくることによって、全員で力を合わせれば大きなことが達成できるということを示すことができました」。

アースアワーと、その親善大使であるスーパーヒーロー、スパイダーマンは、「大いなる力には大いなる責任が伴う」ことを再認識させてくれます。是非earthhour.orgもしくは アースアワージャパン http://www.wwf.or.jp/campaign/earthhour/ に参加しあなたの力を発揮してください。

アースアワー&スパイダーマン特設ページ:http://www.earthhour.org/spiderman

アースアワーについて

アースアワーはWWFによる国際的な環境保護ムーブメントです。オープンソースの環境保護キャンペーンとして最初に実施されたものの一つであったアースアワーは、一つの街でのシンボル的なイベントから、環境によい結果をもたらす個人、企業、組織、政府による行動をクラウドソーシングする国際的なムーブメントへと成長しました。2014年、アースアワー・ブルーによって、そのムーブメントが最もエキサイティングなステージへと発展し、地球を守る運動、改革、そして創造性のためのクラウドファンディングおよびクラウドソーシングの最前線に立つことになります。

WWFについて

WWFは世界最大にして最も高く評価されている環境保全団体の一つであり、500万人 以上のサポーターと、100か国以上で活動を展開するグローバルネットワークを有しています。WWFは、世界の生物多様性を守り、再生可能な自然資源の持続可能な利用が確実に行われるようにし、環境汚染と浪費的な消費を削減することで、地球の自然環境の悪化を食い止め、人間が自然と調和して生きる未来を構築することを使命としています。

『アメイジング・スパイダーマン2』について

スパイダーマンにとって一番重要な戦いは内なる戦い、すなわち、ピーター・パーカーとして負っている平凡な義務と、スパイダーマンが担う非凡な責任との間のせめぎ合いであることは昔から知られてきた。しかし、『アメイジング・スパイダーマン2』でピーター・パーカーは、それよりもさらに大きな戦いが待ち受けていることを知る。

≪ストーリー≫ ピーター・パーカー(アンドリュー・ガーフィールド)はスパイダーマンとしてNYの人々を守り、1人の男性として恋人グウェン(エマ・ストーン)を愛する人生を満喫していた。しかし旧友であるハリー・オズボーン(デイン・デハーン)がNYに戻り、少しずつその生活に変化が・・・。オズコープ社の電気技師マックス・ディラン(ジェイミー・フォックス)が事故で変貌した、高圧電流で全てを破滅する電撃魔人エレクトロを始め、強力なサイ型アーマーで全てを粉砕する怪力鉄人ライノ、そして高速グライダーで全てを切り裂く空中怪人グリーン・ゴブリンが、“スパイダーマンのいない世界”を創ろうと、次々と彼の前に立ちはだかる。そしてついに、世界の終わりが近づこうとしていた・・・。

映画『アメイジング・スパイダーマン2』  日本公開:4月25日/全米公開:5月2日

公式サイト: http://www.amazing-spiderman.jp/

監督:マーク・ウェブ  出演:アンドリュー・ガーフィールド、エマ・ストーン、サリー・フィールド、ジェイミー・フォックス

米ソニー・ピクチャーズについて

米ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント (SPE) は、東京に本社を置くソニー株式会社傘下の、ソニー・エンターテインメント・インクの子会社です。SPEは、映画の製作・買い付け・配給、テレビ番組の制作・買い付け・配給、テレビジョン・ネットワークの運営、デジタルコンテンツの制作・配給、スタジオ施設の運営、新しいエンターテインメント商品・サービス・技術の開発など、グローバルな事業を展開しています。詳細については、 http://www.sonypictures.comをご覧ください。