Skip to content

Sony

アメイジング・スパイダーマン2

世界中を吹き荒れるスパイディ旋風!!
北米を始め、世界30カ国でNo.1ヒット!
世界興行収入は3億6,900万ドルを突破!
世界的にIMAXの高稼働も注目!!


 前作を上回る迫力の3D映像で話題の『アメイジング・スパイダーマン2 』、4月の第3週にイギリス、ドイツ、メキシコなど14カ国7,427スクリーンで先行公開となり、多くの国で週末成績第一位の成績を収め、また2014年公開作中No.1のオープニング成績を記録するなど大ヒットとなったのは既報の通りです。
 それに続いて4月25日(金)に日本公開、5月2日(金)には全米のほか、インド、中国などアジアのビッグマーケットで公開となり、さらなる記録を次々に樹立しています。
 全米では4,324スクリーンで3日間の興行成績が9,200万ドル(約92億9,200万円/1ドル101円換算)、インターナショナル興行収入の累計は2億7,700万ドル(約279億7,700万円)ですでに世界興行収入は3億6,900万ドル(約372億6,900万円)に達しました。
 そのうちインド、チリ、エジプト、香港、ブラジル、インドネシア、ケニア、クエート、マレーシア、フィリッピン、カタール、シンガポール、タイ、アラブ首長国連邦の14カ国では2014年公開作品でNo.1のオープニング記録を樹立、特にインドでは前作『アメイジング・スパイダーマン 』を抜いて690万ドルの歴代ハリウッド映画NO.1のオープニングとなり、インドネシアでは530万ドル(約5億3,530万円)、マレーシアでは500万ドル(約5億500万円)で共に歴代No.1オープニングでした。また、中国では世界最大規模の11,002スクリーンで公開となり、平日単日記録の1,000万ドル(約10億1,000万円)を樹立しました。
 日本では4月25日(金)に公開となり、公開12日目で19億7,101万円の興行収入を収めており、前作『アメイジング・スパイダーマン』の公開12日目の成績17億7,800万円を抜きました。
 IMAXの高稼働も世界的な動向で、全米では930万ドル(約9億3,930万円)、インターナショナルでは1,570万ドル(約15億8,570万円)がIMAXで、日本でも全興収の1割に当たる1億99,320,800円をIMAXが稼ぎ出しています。

『アメイジング・スパイダーマン2 』旋風はまだまだこれから続きます。
今後さらなる記録をぜひご注目下さい!!

ついに、世界はスパイダーマンを失うのか?
スパイダーマンを抹消すべく次々に現れる3強敵  史上最大の戦い、始まる!

『アメイジング・スパイダーマン2』は、監督マーク・ウェブの続投に加え、ピーター・パーカー=スパイダーマン役の主演アンドリュー・ガーフィールド、恋人グウェン役のエマ・ストーン、メイ伯母さん役のサリー・フィールドが前作に続き登場。また今回、スパイダーマンの敵が何と3人も出現!! スパイダーマン史上最大の危機とも言えるバトルが、前作を上回る迫力の3D映像で繰り広げられる。高圧電流を操り全てを破壊する電撃魔人のエレクトロ、強力なサイ型アーマーで全てを粉砕する怪力鉄人のライノ、そして高速グライダーで全てを切り裂く空中怪人のグリーン・ゴブリン。続々と現れる強敵がスパイダーマンを追い詰める!果たしてスパイダーマンはこの世界で生きのびることができるのか―!?

映画『アメイジング・スパイダーマン2』
監督:マーク・ウェブ  出演:アンドリュー・ガーフィールド、エマ・ストーン、サリー・フィールド、ジェイミー・フォックス、デイン・デハーン他
公式サイト:http://www.amazing-spiderman.jp/
公式Facebookページ:https://www.facebook.com/AmazingSpiderman.JP

TOHOシネマズ日劇ほか全国絶賛公開中!

 

<お問合せ先> 株式会社 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント  映画マーケティング部
〒105-8415 東京都港区虎ノ門4-1-28 虎ノ門タワーズオフィス2F http://sonypictures.jp