Skip to content

Sony

スペースインベーダー、パックマン、ドンキーコング・・・
日本発の伝説のゲームキャラが
ハリウッドに進出、奇跡の競演!
映画『ピクセル』(仮)2015年夏、日本公開決定!!


 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントは、2015年5月15日に全米公開する新作『ピクセル』(仮)に、1980年代に世界を席巻したアーケードゲームのキャラクターたちを登場させることを発表した。そのゲームキャラクターは、コナミの「フラッガー」、バンダイナムコの「パックマン」「ギャラガ」「ディグダグ」、任天堂の「ドンキーコング」、タイトーの「スペースインベーダー」など多くが日本発のものとなっており、実写ハリウッド映画で異なるゲーム会社の複数のキャラクターが登場するのは史上初の快挙となる。

 映画『ピクセル』(仮)は、アーケードゲームの映像を自分たちに対する宣戦布告と誤解したエイリアンが地球を攻撃するというSFアクションコメディ。主演はアダム・サンドラー(『ジャックとジル』)、ミシェル・モナハン。監督は『ハリー・ポッター』シリーズ、『ナイト ミュージアム』シリーズなど、大ヒット作を手がけたクリス・コロンバスが務める。

 監督のクリス・コロンバスは、複数のゲーム会社のキャラクターを取り入れたことについて「これほどの伝説的キャラクターたちを、僕たちの思い通りに同じスクリーン内で動かすことが出来るだなんて興奮するよ。今回参加してくれたゲーム会社の方々には本当に感謝している」とコメントしている。

 映画『ピクセル』(仮)に協力したゲーム会社と、登場するキャラクターは以下の通り。

  • Atari Interactive : Asteroids, Breakout, Centipede、Missile Command
  • コナミ : フロッガー
  • バンダイナムコゲームス : パックマン、ギャラガ、ディグダグ
  • 任天堂 : ドンキーコング
  • コロンビア映画 : Q*bert
  • タイトー : スペースインベーダー
  • ワーナー・ブラザース : Joust、Defender、Robotron、Wizard of Wor

映画『ピクセル』(仮)は全米では2015年5月15日、日本では同年夏に全国公開予定。

<お問合せ先>株式会社 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント  映画マーケティング部
〒105-8415 東京都港区虎ノ門4-1-28 虎ノ門タワーズオフィス2F http://sonypictures.jp