Skip to content

Sony

シリーズ最新作『007 スペクター』
最新映像公開!
超豪華!超弩級!カーアクションが明らかに!


『007 スペクター』 ポスター
『007 スペクター』 シーン1

  12月4日に日本公開が決定している「007」シリーズ最新作『007 スペクター』から、ビデオ・ブログ第3弾が届きました!!昨年12月8日にクランクインし、イギリス ロンドン、オーストリア ソルデン、そして今回はイタリア ローマからの最新撮影映像です。007シリーズで欠かすことのできないカーアクションの片鱗がいよいよ明らかになります。  映像はまず、すでに公表されているボンドカー、アストンマーティンDB10の紹介から。このDB10は今回の撮影用にのみ制作された、世界で8台しかない特別仕様スぺシャリティー・カーということが明かされました。シャーシにはロールゲージが組み込まれており、激しいカーアクションにも耐えられる、まさにボンドスぺシャルといえる逸品。そのDB10と真っ向から対決する車は、これまた英国車の“Jaguar(ジャガー)”、車種はC-X75。

 このC-X75に乗りボンドと対峙するのは、アメリカのプロレス団体WWEでも活躍する超巨漢デイヴ・バウティスタ扮するミスター・ヒンクス。(敵役の)デイヴ曰く「ヒーローなるミスター・ヒンクスが邪悪なボンドを追跡する」と、ボンドは悪者と言わんばかりにヒーロー気取りの一言も。  コンセプトカーとして発表されているC-X75のスペックは850bhpの結合出力と1,000N・mのトルクを発揮。2つの過給(ターボチャージャーとスーパーチャージャー)を備えたF1仕込みの最新鋭1.6リッター4気筒エンジンは10,000回転で502bhpを発生し、0-160km/hの加速を6秒以下で達成。理論値としては最高速度350km/hが可能。可動式エアロフォイルも装備。まさに野獣のようなヒンクスが操るにふさわしいモンスターマシンです。

 英国を代表するエレガントなアストンマーティン、かたや同じく英国を代表するジャガー。超豪華超弩級マシン同士によるカーバトルは、この2台にふさわしくローマの市街を完全閉鎖して行われました。まさに007シリーズ、ボンド作品でしか堪能することのできないカーアクションであることは間違いありません。

 公開まで少しずつ明かされていくであろう『007 スペクター』から、ファンは片時も目が離せそうにありません。2015年ナンバーワンの話題作となること必至の“ジェームズ・ボンド最新作”『007 スペクター』。公開までその動向にご注目ください。

<配給>株式会社 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント  映画マーケティング部
〒105-8415 東京都港区虎ノ門4-1-28 虎ノ門タワーズオフィス2F  http://sonypictures.jp
<紙・電波宣伝お問い合わせ> P2
<WEB宣伝お問合せ>フラッグ