Skip to content

Sony

第28回東京国際映画祭のオープニング作品に決定!
ゼメキス最先端の映像×地上411メートルのドラマに圧倒される!!
最新予告編映像 解禁!


第28回東京国際映画祭【期間:2015年10月22日(木)〜31日(土)】のオープニング作品として、ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント配給、ロバート・ゼメキス監督、ジョセフ・ゴードン=レヴィット主演『ザ・ウォーク』が決定しました。

ニューヨーク映画祭でもオープニング作品に!

 本作は既に、9月25日~10月11日まで開催される第53回ニューヨーク映画祭のオープニング作品にも決定したばかり。同映画祭のオープニングを飾った歴代作品は、アカデミー賞ノミネート始め、批評家に絶賛される優秀作であり、『ザ・ウォーク』が賞レースに絡む作品とお墨付きをもらったと言えるでしょう。また、ニューヨークに引き続き、公開に先駆け東京でもいち早く本作品を鑑賞できるとあって、ここ日本でも話題になることは間違いありません。

 併せて最新予告編映像も到着いたしました。NYのワールド・トレード・センター間を直径2.2cmのワイヤーロープでつなぎ、高さ411m、地上110階の道なき空間に足を踏み入れて命綱なしの空中闊歩に挑んだ実在の人物フィリップ・プティ。彼がフランスからニューヨークに渡り、誰も思いつかなかった冒険にチャレンジするまでの軌跡を垣間見せる予告編は、<100%未体験>の映像体験であることはもちろん、生と死を賭けた人間ドラマをも期待させる内容となっています。

 ロバート・ゼメキスと言えば、アカデミー賞作品賞・監督賞を受賞した『フォレスト・ガンプ/一期一会』はじめ、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』『キャスト・アウェイ 』『フライト』など常に新しい映像魔術で観客を魅了し続けてきた監督であり、と同時にきめ細やかな人物描写に定評があり、観客をストーリーにのめり込ませる人間ドラマの名手とも言えます。

この挑戦は実話。この挑戦を映像化。

 ゼメキス監督自身も「実際に高位のワイヤー上を歩くというのはどういう感じなんだろう?普通、人は見上げるだけだけれど、彼が感じていた経験をリアルに映像にするというのは、今まで誰もしたことがないと思ったんだ。フィリップには徹底的に協力してもらった。そして地上411mを感じるため、リアリティーある映像が完成した。当時の写真を3D化し、高さ、深さ、質感、空気感といったものにこだわり、今まで駆使してきた映像技術をすべて使った本作は、私にとっては集大成ともいえる」と自信のほどを語っています。

 さらに、不可能にも思えるこの男の壮大な挑戦は紛れもない実話ですが、ゼメキスはプティについて「アーティストであると同時に偉大な犯罪者かもしれない。映像が残っていないので作り話めいてもいるが、彼の想いは夢を追う誰もが共感できるものだと思う」と語り、人間ドラマに期待させるコメントも残しており、ゼメキス監督の最先端の映像×人間ドラマに期待せずにはいられません!

―ストーリー―

 1974年、当時世界一の高さを誇ったワールド・トレード・センター、NYにそびえ立つ摩天楼の中でも王者と呼ぶにふさわしい荘厳なツインタワー。この間をワイヤーロープ一本でつなぎ、命綱なしの空中闊歩にある男が本当に挑んだ。その男とはフィリップ・プティという。この伝説の男プティ役には「インセプション」で注目された若手実力派俳優、ジョセフ・ゴードン=レヴィットが演じる。

 監督は『バック・トゥ・ザ・フューチャー』そして『フォレスト・ガンプ/一期一会』『キャスト・アウェイ』『フライト』などで知られるアカデミー賞監督ロバート・ゼメキス。常に“最先端のVFX技術”を活かした映像で世界中を驚きと感動で魅了してきた監督の“集大成”であり“最高峰”となりそうな迫力あるビジュアルが画面を超えて伝わってくる。ゼメキスは語る。「1974年 当時世界一の高さを誇るツインタワーの間を渡ろうとするなんて、誰も考えない。前人未到のチャレンジをした男だけが味わえる外界から遮断された孤独。生と死のドラマ。高所恐怖症にはあまり気持ちのいいものではないかもしれないがね(笑)」 不可能にも思えるこの男の挑戦は紛れもない実話であり、記録としても残っているが、なんと映像には残されていない。まさに実話を完全映像化したといえる本作、そう、この映像は、誰もが<100%未体験>である。

月面を歩いた人間は12人いる-
ワールドトレードセンターの間に渡したワイヤーロープの上を歩いた人間は- 1人しかいない。
原題:The Walk監督:ロバート・ゼメキス、出演:ジョセフ・ゴードン=レヴィット、ベン・キングズレー、シャルロット・ルボン、ジェームズ・バッジ・デールほか
公式サイト:http://www.thewalk-movie.jp/
配給・宣伝お問い合わせ:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント 
【ONLINE媒体宣伝】:ガイエ   【紙・電波宣伝】:レオ・エンタープライズ 
【第28回東京国際映画祭について】 事務局 プロモーショングループ
http://2015.tiff-jp.net/