Skip to content

Sony

映画『ピクセル』日本語吹替版主題歌に
短すぎる前髪振り乱し 三戸なつめ 堂々の参戦!
中田ヤスタカ(CAPSULE)プロデュース「8ビットボーイ」


先週末7月24日に全米ほか世界57マーケットで公開され、各国で初登場No.1大ヒットとなったハリウッド映画『ピクセル』の日本語吹替版主題歌が中田ヤスタカ(CAPSULE)プロデュース、三戸なつめが歌う「8ビットボーイ」に決定しました。彼女にとっては3曲目2枚目のシングルリリースとなりハリウッド作品とコラボレーションは今回が初めてとなります。

 今回のコラボについて三戸なつめは「初めてのハリウッド作品とのコラボにビックリ!曲とエンディング映像がバッチリなので是非劇場まで遊びに来てください」とコメント。タイトルのとおり、ピコピコとイカす!8ビットサウンドで80年代ゲームサウンドを彷彿とさせる軽快なメロディに彼女の歌声が見事にマッチ。まさに映画に登場するパックマンやギャラガ、ドンキーコングを軽やかにプレイしているかのような心地よい気分となること必至!現在PVも制作中で、こちらもまもなく解禁予定です。

 また、この曲が流れる日本語吹替版では柳沢慎吾、渡辺直美が声優を担当することでも話題沸騰中の映画『ピクセル』。日本では9月12日(土)から、3D&2Dでロードショー公開されます。

ピクセル 写真
● 三戸なつめ プロフィール
2010年に関西で読者モデル活動を開始。2013年に上京してからは、1年足らずでレギュラー掲載雑誌多数!! その愛らしいキャラクターや笑顔は見ている人を油断させるほど。同世代の女子から多くの支持を集め、数々の青文字系雑誌の読者アンケートで好きなモデルNO.1を獲得している。
衝撃のデビューシングル「前髪切りすぎた」に続く
待望のセカンドシングル発売決定!!
発売日は9月16日
初回盤:フォトブック仕様\1,800/通常盤:CDのみ\1,000


■ 映画『ピクセル』宣伝問い合わせ:
【ONLINE媒体宣伝】:ティー・ベーシック 
【紙・電波宣伝】レオ・エンタープライズ

■ CDに関するお問い合わせ先:
株式会社ソニー・ミュージックレーベルズ
映画『ピクセル』全米公開: PIXEL-MOVIE.JP
パックマン、ドンキーコング、ギャラガ、スペースインベーダーなど、1980年代に全世界で愛された日本生まれのゲームキャラクターが地球をピコピコ侵略開始!?攻撃ですべてをキューブ化してしまうヤツらに立ち向かえるのは、当時のゲームチャンピオン=オタクだけ!? こんな奇想天外なアイデアが映画になった。
  • ■ 監督:クリス・コロンバス 『ハリー・ポッター』シリーズ、『ナイト ミュージアム』シリーズ
  • ■ 出演:アダム・サンドラー、ミシェル・モナハン
  • 原題:PIXELS/配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

<映画に関するお問合せ先>株式会社 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント  映画マーケティング部
〒105-8415 東京都港区虎ノ門4-1-28 虎ノ門タワーズオフィス2F  http://sonypictures.jp