Skip to content

Sony

映画史上最大の爆破シーンで
ギネス世界記録達成!!

 シリーズ24作目となる最新作『007 スペクター』(日本公開:11月27日、28日、29日先行上映、12月4日全国公開)。全米 初登場No.1、イギリスでは映画史上最高のオープニング成績を樹立、そして公開されたすべての国で初登場No.1を記録するなど、全世界的に型破りな大ヒットを続けている本作が、あらたにギネス世界記録を達成したことが、11月10日に北京で行われた記者会見で明らかになりました。

 今回『007 スペクター』でギネス認定されたのは、2015年6月29日に、モロッコ・エルフードで撮影された本編中最大のクライマックスシーン。主演のジェームズ・ボンド役のダニエル・クレイグとボンドガールのレア・セドゥの目前で、砂漠の真ん中にそびえたつ巨大な建築物が破壊される大規模シーンが「映画史上最大の爆破シーン」としてギネス世界記録となりました。平均気温45℃、暑い日には50℃にも達する苛酷な環境のなか、8418リットルの燃料と、33キロの爆薬を使用し撮影、その大爆音と振動は、事前に半径32キロメートル内の人々に警告しなければならなかったほどの規模で、7.5秒続きました。撮り直しがきかないこの危険なシーンを無事に撮り終えた瞬間には、クレイグと監督のサム・メンデスが思わず抱き合うほどで、スタッフ、キャストの緊張のほどがうかがえます。

 11月10日に北京で行われた記者会見上でギネス世界記録の達成が発表され、正式なタイトルホルダーとなる特殊効果とミニチュア撮影のスーパーバイザーを担当しているクリス・コーボルドに代わり、ダニエル・クレイグ、レア・セドゥ、プロデューサーのバーバラ・ブロッコリが、ギネス世界記録の認定証を授与されました。
 プロデューサーのマイケル・G・ウィルソンとバーバラ・ブロッコリは、「クリスが『007 スペクター』で史上最大の爆発シーンという偉業をなしとげ、それがギネスに認定されたなんて本当に素晴らしいことです」とコメントしました。

 これまで007シリーズでは、『007/カジノ・ロワイヤル』(2006)で、ボンドカー アストンマーティンDBSが劇中で空中7回転し、ギネス世界記録となっています。ギネス世界記録の編集長クレイグ・グレンデイは、「007シリーズは常に映画の可能性を広げ続けてきましたが『007 スペクター』でまたもや世界中を魅了するすごいことをやってのけました。この爆発シーンは007シリーズ中でも忘れえないシーンとしてファンの記憶の中で生き続けるでしょう」とコメント。

10月26日イギリス公開後、世界中で映画史を塗り替えるヒット記録を樹立し続けている 『007 スペクター』ですが、アクションでも世界中を驚かし続け、まさにシリーズ映画の王者としての風格を見せつけたといえます。
そしていよいよ、11月27日(金)、28日(土)、29日(日)には日本で先行上映されます。

STORY少年時代を過ごした「スカイフォール」で焼け残った写真を受け取ったボンド(ダニエル・クレイグ)。その写真に隠された謎に迫るべく、M(レイフ・ファインズ)の制止を振り切り単独でメキシコ、ローマへと赴く。そこでボンドは悪名高い犯罪者の美しい未亡人ルチア・スキアラ(モニカ・ベルッチ)と出逢い、悪の組織スペクターの存在をつきとめる。その頃、ロンドンでは国家安全保障局の新しいトップ、マックス・デンビ-(アンドリュー・スコット)がボンドの行動に疑問を抱き、Mが率いるMI6の存在意義を問い始めていた。ボンドは秘かにマネーペニー(ナオミ・ハリス)やQ(ベン・ウィショー)の協力を得つつ、スペクター解明の鍵を握る旧敵、Mr.ホワイト(イェスパー・クリステンセン)の娘であるマデレーン・スワン(レア・セドゥ)を追う。死闘を繰り広げながらもスペクターの核心部分へと迫るなか、物語の舞台は氷雪のアルプス、そして灼熱のモロッコへー。ボンドは追い求めてきた敵と自分自身との恐るべき関係を知ることになる――!

監督: サム・メンデス
主題歌: サム・スミス「ライティングズ・オン・ザ・ウォール」
出演: ダニエル・クレイグ◆ジェームズ・ボンド / クリストフ・ヴァルツ◆フランツ・オーベルハウザー / レイフ・ファインズ◆M / ベン・ウィショー◆Q / ナオミ・ハリス◆マネーペニー / レア・セドゥ◆マドレーヌ・スワン / モニカ・ベルッチ◆ルチア・スキアラ / イェスパー・クリステンセン◆Mr.ホワイト / アンドリュー・スコット◆マックス・デンビ / デイヴ・バウティスタ◆Mr.ヒンクス

SPECTRE ©2015 Danjaq, MGM, CPII. SPECTRE, 007 Gun Logo and related James Bond Trademarks, TM Danjaq. All Rights Reserved.

007の情報はこちらから↓
facebook:http://www.facebook.com/JamesBond007JP twitter:http://twitter.com/007movie_JP

<お問合せ先>株式会社 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント 映画マーケティング部
〒105-8415 東京都港区虎ノ門4-1-28 虎ノ門タワーズオフィス2F  http://sonypictures.jp