Skip to content

Sony

それは─ 小さな命の、大きな『奇跡』。
全米を涙で包み込んだ、心揺さぶる《真実の物語》が遂に映画化!

『天国からの奇跡』
全米週末興収第3位で大ヒット発進!

 6月18日(土)から日本公開されます、実話を基にした奇跡と感動の物語『天国からの奇跡』(原題:Miracles From Heaven/ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント配給)が、3月16日(水)から全米で公開され、超大作『ズートピア』、『ダイバージェント』シリーズ最終章前篇“Allegiant”(原題)に続き1481 万ドル(約16.5億円*1ドル112円換算)の成績で週末興行収入第3位(3月18日―20日の3日間)の大ヒットスタートとなりました。
 病気の少女アナが、庭にある木から落ちた後、彼女にある奇跡が起こる――。本当に起こった不思議な出来事を基にアナの母であるクリスティ・ビームが書いた小説「Miracles From Heaven」を原作に映画化。
 監督はチリの鉱山で作業員が生き埋めとなった事件を映画化した『チリ33人 希望の軌跡』が日本で公開となるパトリシア・リゲン。脚本はクリント・イーストウッド主演の『人生の特等席』を手掛けたランディ・ブラウン。
 『ダラス・バイヤーズクラブ』やTVドラマ「エイリアス」シリーズのジェニファー・ガーナーが母クリスティを演じ、『パパが遺した物語』でラッセル・クロウと共演しその愛らしさを印象付けたカイリー・ロジャーズが娘のアナに扮しています。脇を固めるのは、『シカゴ』でアカデミー賞助演女優賞にノミネートされた歌手、クイーン・ラティファ。 

<STORY>小さな田舎町で暮らす少女アナ(カイリー・ロジャーズ)は、幼い頃から重い消化器疾患を患い入退院を繰り返していた。母クリスティ(ジェニファー・ガーナー)は遠方の大病院へ診察を頼み、やっとのことでアナは入院するも、治療の方法がなく自宅に戻る。一方、二人が留守にしていた間、夫や姉妹との間にも亀裂が生じていた。そんな中、アナが庭の大木から落ちてしまう事故が起こる。幸い一命を取りとめたが、彼女の身にある驚くべき“奇跡”が待ち受けていた。

監督:パトリシア・リゲン『チリ33人 希望の軌跡』  2016年/アメリカ/原題:Miracles From Heaven
出演:ジェニファー・ガーナー『エイリアス』シリーズ/クイーン・ラティファ『シカゴ』/マーティン・ヘンダーソン『エベレスト 3D』/カイリー・ロジャーズ『パパが遺した物語』他

 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント配給により、5月28日(土)から『復活』、6月18日(土)から『天国からの奇跡』、7月9日(土)から『祈りのちから』というクリスチャン映画3作品を各3週間限定で、計9週間3作品連続公開いたします。奇跡と祈り、そしてたくさんの愛にみちたクリスチャン映画3作品連続公開にぜひご期待ください。

※3作品でお使いいただける共通セット券です。(3,000円)1枚につき『復活』(5/28公開)、『天国からの奇跡』(6/18公開)、『祈りのちから』(7/9公開)、いずれか1作品をご覧いただけます。※全国の3作上映劇場にてお使いいただけます。

<お問合せ先>株式会社 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント 映画マーケティング部
〒105-8415 東京都港区虎ノ門4-1-28 虎ノ門タワーズオフィス2F http://sonypictures.jp