Skip to content

Sony

キャリア、知性、美貌、ライフスタイル、全てを兼ね備えた、トップ・オブ・ハリウッド!
ジョディ・フォスター 監督
6月上旬、8年ぶり来日決定!

高視聴率の人気番組「マネーモンスター」がジャックされた― 真実は生中継で暴かれる

“主演ジョージ・クルーニー、ジュリア・ロバーツ、監督ジョディ・フォスター“という全員がアカデミー賞を受賞している超豪華スターがタッグを組んだリアルタイム・サスペンス大作『マネーモンスター』の6月10日(金)の日本公開直前となる6月上旬に、監督を務めたジョディ・フォスターさんが、2008年8月『幸せの1ページ』での来日以来、 約8年ぶりに来日することが決定しました。

 この映画は、司会者リー・ゲイツ(ジョージ・クルーニー)の軽快なトークと財テク情報で高視聴率を稼いでいるTV番組「マネーモンスター」の生放送中に起きた衝撃の事件を描く緊迫の《リアルタイム・サスペンス》。主演のジョージ・クルーニーは人気番組「マネーモンスター」の司会者リー・ゲイツ役を務める傍ら、今作のプロデュースも兼任しています。番組ディレクター役にはジュリア・ロバーツ。ジョージ・クルーニーとジュリア・ロバーツは『オーシャンズ12』(05)以来、実に11年ぶりの共演となり、緊迫したシーンで完璧に息の合った掛け合いを見せています。番組をジャックする謎の男カイル役には、アンジェリーナ・ジョリー監督作で主演を務めた25歳のイギリス人俳優ジャック・オコンネルが抜擢されました。

 生放送中のスタジオを舞台に少しづつ明らかになってくる驚愕の“真実”。そして激変していく犯人との関係を実力俳優たちの名演によりまざまざと描く、ジョディ・フォスター監督が長い年月をかけ全身全霊で作り上げた渾身の一作となっています。

 全てを兼ね備えたトップ・オブ・ハリウッドとも言われる、ジョディ・フォスター監督は今作が監督4作品目。その経歴は輝かしい。子役時代から映画業界を走り続け、20代にして立て続けに2回のアカデミー賞主演女優賞を受賞するという偉業を成し遂げました。女優として活躍する一方、監督にも挑戦するなど、それまでのハリウッド女優という型にはまらない道を開拓。ジョディが切り開いた道には、アンジェリーナ・ジョリーなどの女優たちが追随し、次々と女優監督が誕生しました。女優として、フィルムメイカーとして、誰も真似できない活躍にいまやハリウッドで最も尊敬を集める存在となり、2013年のゴールデン・グローブ賞では、長年にわたって映画界に貢献した人物に贈られるセシル・B・デミル賞を受賞しました。ライフスタイルにおいても彼女の行動は、世界中の女性に大きな勇気を与え、女性の社会進出などにも大きな影響を与えてきたという功績があります。そして、エンタテインメント性とメッセージ性を兼ね備えた新たな代表作『マネーモンスター』がついに完成。第69回カンヌ国際映画祭での公式上映も決定するなど、ジョディ・フォスター監督の来日に、世界の熱い注目が集まります。

1962年11月19日生まれ。アメリカ、ロサンゼルス出身。子役として活動を開始し、1972年に『ジョディ・フォスターのライオン物語』で映画デビュー。マーティン・スコセッシ監督の名作『タクシードライバー』での演技が高く評価され、13歳にしてアカデミー賞助演女優賞にノミネート。人気絶頂の中、女優業を休業し学業に専念。イェール大学を優秀な成績で卒業した。
20代で『告発の行方』(1989)、『羊たちの沈黙』(1991)と、立て続けに2回ものアカデミー主演女優賞を受賞するという偉業を成し遂げる。その傍ら、映画初監督作品『リトルマン・テイト』(1991)を発表。自身の映画会社も設立し、映画プロデューサーとしても活躍するなど、マルチな才能を開花させた。2014年には女性写真家アレクサンドラ・ヘディソンと結婚。2016年、長年企画を温めた『マネーモンスター』を、プロデューサーとしても名を連ねるジョージ・クルー二―らとともに完成させ、6月10日、ついに公開となる。


◆監督:ジョディ・フォスター  製作:ジョージ・クルーニー
◆キャスト:ジョージ・クルーニー、ジュリア・ロバーツ、ジャック・オコンネル
◆原題:Money Monster  全米公開:5月13日  公式サイト:MoneyMonster.jp

配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント /【宣伝】マンハッタンピープル