Skip to content

Sony

「ゴーストバスターズ ・ジャパン」新主題歌世界初披露!
紅白歌合戦も、グラミー賞もいただき!?

4/26(火)『ゴーストバスターズ』日本語吹替版主題歌
発表会のご報告

30年前――、科学者たちがニューヨークの街をゴーストから救った。超大作『ゴーストバスターズ』が再起動!ニューヨークで幽霊退治を行うのは全員女性の新生ゴーストバスターズ!あのマーク!あの音楽!あのつなぎ姿!でゴースト捕獲装置プロトンパックを装着し、この夏、ゴーストたちをバスター開始!

 昨日、4月26日(火)六本木ニコファーレに、先日お披露目された幽霊会社「ゴーストバスターズ・ジャパン」の4名(友近さん/渡辺直美さん/椿鬼奴さん/山崎静代さん)が登場しました。4人はネイビーカラーに蛍光オレンジのラインが入ったネーム入りのツナギに、重さ2KGのプロトンパック(ゴースト捕獲装置)を背負った“ゴーストバスターズ”の正装で、報道陣を前に登壇。日本語吹替版の主題歌を歌って踊って披露する世界初の発表会を行いました。
 会社設立からわずか20日のゴーストバスタース・ジャパンにとって、いきなりのお披露目となりましたが、そこは百戦錬磨の女芸人たち。「本番には強いんです」と言い切り、いざスタンバイ。
 場内が暗転し、バックライトを浴びて曲がスタート。アーティスト “水谷千重子”としても活動する友近さんはもちろん、各々ハードな練習を積み今日という日を迎えたものの、全員揃うのは初めてとあって、楽し気な中にも緊張が見え隠れ。しかし4人は複雑な振り付けを見事にこなし、予想を遥かに越える歌唱力を披露。予想以上のパフォーマンスの高さとチームワークの良さ、そして4人の本気が実証された主題歌披露となりました。
 世界初披露となった歌と踊りを成功させた4人は、息が上がりながらも、口を揃えて「100点満点じゃないですか?」と初披露の感想を口にし、頑張っている女性へのエールとして歌ったことをアピール。そして、パフォーマンスビデオ「本能寺の変」でお馴染みの“エグスプロージョン”が担当した振り付けについても、「本当に厳しく指導してもらいました。歌っている時も、会場のどこかで見られているんだろうなと思って、つい探してしまいました」(渡辺さん)と語り、ハードな要求が多かったことを語りました。
 最後に映画と主題歌の大ヒットへの願いを込め、友近社長による掛け声の元「ゴーストバスターズ ジャパーン!」と大声でポーズをきめ、会社設立第一弾イベントが無事終了しました。
 なお、お披露目した楽曲『Ghostbusters~Japan Original ver.~』は4月26日13時よりレコ直で先着30,000名無料ダウンロードが開始されました。


 イベントでの4人のコメントは次ページの通り。

友近さん
日本語でこの歌を歌うと聞いた時は、どうなるかと思いましたが、訳詞も楽しく、びっくりするくらい良い出来でした。”Who you gonna call”を「ふー、優雅な娘」とソラミミ(風に)訳しています。水谷千重子さんはじめ、いろんなアーティストの方がカバーしたがるんじゃないですか。
渡辺直美さん
本気のレコーディングがとても楽しかった。SMAPのレコーディングを担当している人が担当で、いろいろなパターンでレコーディングさせて貰った。振り付けはバラバラで練習したけれど、先生はとても厳しかった。
椿鬼奴さん
洋楽でも紅白は大丈夫なの? でも、紅白じゃなくて、この曲ならグラミー賞でしょう。私たちの曲を、いろんなアーティストがカバーしたりして。
山崎静代さん
振り付けのエグスプロージョンのマチャアキさんが好みのタイプでした。おニャン子に憧れてこの世界に入ったので、今回念願のユニットが結成出来てとても嬉しいです。

【STORY】ニューヨーク。コロンビア大学の素粒子物理学博士エリン・ギルバート(クリステン・ウィグ)は、世界で初めて心霊現象を科学的に証明する研究を重ねていた。しかし、大学側に一方的に研究費を打ち切られてクビに。その知識と技術力を活かすため、“幽霊退治”を行う会社「ゴーストバスターズ」を起業するが――。
監督:ポール・フェイグ  製作:アイヴァン・ライントマン(『ゴーストバスターズ』シリーズ監督)  全米公開:7月15日 キャスト:クリステン・ウィグ(『オデッセイ』)、メリッサ・マッカーシー(『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』)、 ケイト・マッキノン(『テッド2』)、レスリー・ジョーンズ(「サタデー・ナイト・ライブ」)、クリス・ヘムズワース(『アベンジャーズ』)

配給・宣伝:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
<電波・紙パブリシティ>サンダンス・カンパニー <オンラインパブリシティ>アンリミテッド