Skip to content

Sony

全米大ヒット!全世界興行収入1億ドル突破の話題作
R15+アニメで公開
『ソーセージ・パーティー』
タイトル&11月4日(金)日本公開日決定!

メッセージ

主人公はソーセージ。

食材たちの反撃がはじまる!

*決して、お子さんとは見ないでください。

子供が見たら、うなされる!?

 ハリウッドの問題児セス・ローゲン主演・製作による“オトナのための”コメディアニメ映画“SAUSAGE PARTY” (原題/配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)の邦題が『ソーセージ・パーティー』に決定し、11月4日(金) より緊急公開されることが決まりました。

 人間たちに選ばれ、買われることを夢見るスーパーマーケットの陳列棚に並ぶ食材たち。「楽園」を待つ彼らが、人間たちに残酷に食べられてしまうことを知った時――。食材たちの反撃をコミカルにそしてかなりエッチに描く本作は、2016年夏にアメリカほか各国で公開されると、全世界興行収入1億ドル突破の大ヒットを記録!
 その超「過激」で「下品」な内容が災いし、日本では未公開か?と映画ファンを不安にさせていましたが、「R15+」指定を受け、劇場公開が決定しました。(*R15+:15歳以上の方がご覧いただけます。)

 監督は人気アニメ「きかんしゃトーマス」を手がけたグレッグ・ティアナンと、『マダガスカル3』などで知られるコンラッド・ヴァーノン。子供の心をワシ掴みにできるに違いない彼らが、セス・ローゲンの脚本を忠実に映像化。セス・ローゲンは『40歳の童貞男』(05)で注目を集め、『スーパーバッド 童貞ウォーズ』(07)でコメディ俳優としてブレイク、『ディス・イズ・ジ・エンド 俺たちハリウッドスターの最凶最期の日』(13/日本未公開)では監督も手掛け、脚本家、プロデューサー、監督としてハリウッドで大活躍するマルチな才能&類まれなるコメディ・センスの持ち主。豪華声優陣にはそのセス・ローゲンを始め、クリステン・ウィグ、ジョナ・ヒル、ジェームズ・フランコ、エドワード・ノートン、サルマ・ハエックなどなど、ハリウッドの大作から下品なコメディまでなんでもこなす演技派の面々が大集合。音楽を担当するのは『美女と野獣』など数々のディズニー作品でアカデミー賞に輝く天才作曲家アラン・メンケン。絶妙?微妙?奇妙?なアニメーションが、食欲の秋、必ずオトナの心をワシ掴みにします。

<ストーリー>“ショップウェル”は郊外にあるスーパーマーケット。食材たちは選ばれ、買われることを夢見て毎日陳列されている。きっと外の世界は「楽園」に違いないと。ソーセージのフランクは、パンである恋人のブレンダと結ばれ(合体し)ホットドッグになる運命♡だと信じている。そしてついに夢が叶う日が!二人揃ってお客様のカートにイン!しかしテンションMAXではしゃぐ二人を乗せたカートにアクシデントが発生し、スーパーマーケットに取り残されてしまう。夢に破れ絶望するフランクとブレンダだが、実は命拾いしたことに気付く・・・なぜなら彼らは“食材”だからだ。「食われてタマるか!」運命に逆う彼らの闘いがはじまる!

監督:コンラッド・ヴァ―ノン(『マダガスカル3』『シュレック2』)、グレッグ・ティアナン(『劇場版きかんしゃトーマス』シリーズ)
声:セス・ローゲン(『カンフーパンダ』シリーズ)、クリステン・ウィグ(『ゴーストバスターズ』)、
ジョナ・ヒル(『ウルフ・オブ・ウォールストリート』)、エドワード・ノートン(『バードマン』)、サルマ・ハエック(『長ぐつをはいたネコ』)

公式HP:Sausage-Party.jp

配給・宣伝 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント 映画マーケティング部